ジョン・ミルトン【失楽園】レビュー〜サタンの失墜と人間が楽園に戻るまで(1)

更新日:

盲目の詩人

ジョン・ミルトン(イギリス、1608−1674)の叙事詩「失楽園」(Paradise Lost)は、1658年より長い年月をかけて制作された生涯の代表作である。この仕事に着手した時点ですでにミルトンは目が見えなかった。

耳が聞こえなかったベートーベンやテーバイの盲目の預言者テレイシアースのように、芸術の女神ムーサはあえて詩人の視力を奪った。そしてミルトンは現世を視る能力と引き換えに、隠された世界を見事に歌い上げたのだ。

「失楽園」のボリューム

この詩は長い。ホメロスのイーリアスやオデュッセイア、ダンテの神曲など昔の文芸作品は小説という形をとらなかった。全部で12巻もあるが1巻ごとに作者による親切な短い概要が付いている。

ストーリーは旧約聖書・創世記第3章、最初の人類であるアダムとイブが、蛇に乗り移ったサタンに欺かれエデンの園を追放される話を基にしている。他にも聖書に所縁のあるエピソードが随所に散りばめられ、またミルトン自身の創作による神話や諸々の国文化の異教神まで登場する。

完全に自分の世界を自由に駆け巡るイマジネーションは読者をして圧倒せしめるであろう。善と悪の両存在を一方でも否定せず、互いの共存とバランスが神聖な世界を形成するのだった。映画スター・ウォーズでいうところのフォースのバランスというやつである。

(*尚原文では17世紀初期近代英語の文体を味わえる。英語一般の知識があれば十分解読可能で、日本の古語などよりわかりやすい。)

楽園からの失墜

はじめに形造られた人間は造物主の言いつけを守れなかった。生命の樹からはいくらでも食べるが良い、しかし知識の樹からは決して食べてはならない。それを食べるとき、人間は死なねばならなくなる。

ミルトンではサタンが天での戦いに敗れて堕ちてくるところから始まる。サタンもしくはルシファーは、元々は智力と美しさを備えた最高位の天使だった。しかし傲慢の罪により造物主に対し叛逆を企て、キリストの雷撃によって敗れるのだ。

神の子キリストの武器は、ミルトンにおいてはギリシャ神話のゼウスの雷撃と被っている。

追放され堕ちるところまで堕ちたその場所は、「地獄」と呼ばれる領土であった。かくしてサタンは造物主やキリストを拝むよりも、果敢に地獄の支配者となることを選んだ。

新約聖書のヨハネ黙示録で、龍が天において戦いを挑む下りが書かれている。第12章「太陽を纏う女と大いなる赤い龍」である。ウィリアム・ブレイクが描いた絵にもなっていて、映画「レッド・ドラゴン」にも出てくる。

ウィリアム・ブレイク 「大いなる赤い龍と太陽を纏う女」

●ウィリアム・ブレイク関連記事リンク集→【ウィリアム・ブレイク】まとめ記事〜知覚の扉を開く預言者の詩

万魔殿(パンデモニウム)

サタンの軍勢はただ地獄に鬱伏してはいなかった。9日9夜灼熱の炎に灼かれた後、むくりと這い上がり堕天使たちを叱咤する。

「いつまでそうやって倒れているのだ。かつて栄光に包まれた天使たちよ。起て!起ち上がれ!」

エジプトを襲ったイナゴの大群のような悪魔たちは、再び首領の元に集結し地獄の中に要塞を築く。万魔殿(パンデモニウム)である。

パンデモニウムを拠点としてサタンは会議を開き、いかにして神に対してこの度の復讐をするか話し合うのだった。。

失われた楽園

深刻な問題ではあるけれども、もし神が創世記に語られているように善なるものとして万物を創造し、はじめと同じ働きによって維持しているのなら、なぜ現代社会が悪行に充ち満ちているのか分からない。「失楽園」では天と地獄の中間に位置する地球に向かって、地獄から巨大な橋を架けるシーンがある。橋を通って堕天使たちが人間を罪に陥れるべく地球へとやって来るのである。

悲しくも最初にサタンによって神から引き離されたのはアダムの妻イヴだった。イヴは知識の実を食べ、アダムはイヴからそれをもらった。かくして人類最初の夫婦は楽園を追われ、荒野へさまよい出ることになる。神は楽園の東入り口に回転する炎の剣とケルビムを置き、生命の樹を守護させた。

●次の記事はこちら→ジョン・ミルトン【失楽園】レビュー〜サタンの失墜と人間が楽園に戻るまで(2)

☦ダンテ『神曲』はこちら→「地獄篇」まとめ「煉獄篇」まとめ「天国篇」まとめ

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.