ボードレール【悪の華】「時計」〜秒針の脅迫

更新日:

「悪の華」は筆者の座右の書であることもあり基本的に原文を元にレビューする。

 時計

筆者の仕事部屋には20年近く前に町田の東急ハンズで買った時計がある。小洒落たデザインのアナログ時計。

以後色々なことがあったが、この時計は部屋で起きた全てを見ている。

デリヘルと遊び、ネットゲームにハマり、資格の勉強をし

飯を食い、ビールを飲み、DVDを観たりと間抜けに生きてきた。

神奈川、東京、そして東北と移り住んだ。自分も変わった。

その間この時計は常に静かに秒針を震わせていたのである!

ポーの影響

「時計」(l'Horloge)は「憂鬱と理想」(spleen et ideal)の章最後を飾る詩。

(しかし憂鬱という言葉は胡散臭い意味の単語になってしまった。)

アメリカの詩人で短編小説家として知られるエドガー・アラン・ポーの影響を強く受けている。

ボードレール自身いち早くポーの才能を発掘しフランス語訳を出し、紹介している。

興味深いポーについての論文も書いた。それは創元推理文庫のポー小説全集第2巻の末でも読むことができる。

またしばしばポーを模倣しているとまで言われた。

実際そう言われてもやむを得ないほどポーの影響は色濃く反映されている。

時計の象徴

ポーの小説においては時計は象徴的な恐怖を煽るアイテムもしくはオブジェとして頻繁に登場する。

ボードレールは詩の中で時計という対象物を「無感覚の神」と呼んだ。慈悲がないということであろうか。

詩人は罪悪感と死刑台に近づいていく恐怖をひしひしと感じている。

アナログ時計は小刻みに振動しカチカチ音を立てるけれども、その間隔は「秒」と呼ばれている。

この機械音がとても大きく聞こえることもあれば、すっかり耳に入らない時もあるのは何故なのだろうか?

いずれにせよこの音が大きくはっきり聞こえる時は、不快な周波数を帯びている。

(音の出ないアナログ時計もあるしデジタル時計だって売ってる。)

結局筆者の町田の東急ハンズの掛け時計は、「3時」に合わせ電池を抜いた。

「3時」は一番気楽な見た目の時刻に思えただけだが。

秒針の音

脅迫的とも言える秒針の音は「お前今まで何をやっていたのだ?」と責めるように感じはしないだろうか。

その1秒1秒の経過と積み重ねが年月であり人間の一生であり寿命なのだが、この恐ろしさを歌っている詩だ。

その音は昆虫の声で語りかける。「思い出せ」と。

若さを失い、希望を失い、快楽を失い、過去の楽しみと生命にすがりついている人間の心情である。

蒸気のような快楽は地平線に消え去るだろう。

乾ききった深淵には空になった砂時計が置かれている。

悔恨と時計

ボードレールはしばしば自己の罪悪感と悔恨について詩に書いている。

なぜなら詩人は自らの下品な欲望の虜になり青春を送ったからである。

のちに梅毒になったり相続した遺産を消費し尽くしたりして、自ら苦しんで激しい後悔に襲われたのであろう。

ボードレールは自身の愚かな一生を「悪の華」で芸術化したのである。

後悔、悔恨は罪悪感や自己嫌悪に強く結びついているから、現代ではうつ病患者などの自殺の要因にもなっている。

時計の発する脅迫のセリフに耐えることができず自ら命を絶つのだろうか。

ポーやボードレールのような知性は、死の恐怖を直視しても弄ぶことができるのである。

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.