【ウィリアム・ブレイク】「天国と地獄の結婚」原文解読の試み(3)

更新日:

イギリスを代表する詩人・画家ウィリアム・ブレイクの本は、予言の書とも呼ばれるように意味不明で難解である。しかし文章の不明瞭を鮮やかで個性的なイラストが助けている。

読者は深い意味なんか考えずに、感じるままを直観すればよい。このシリーズは1回につき2000文字程度の記事で全4回、原文を読みながら翻訳作業も行うとともに独自解釈を進める。

*前の記事はこちら→【ウィリアム・ブレイク】「天国と地獄の結婚」原文解読の試み(2)

プレート15:記憶すべき寓話

ブレイクは地獄の印刷所でいかにして知識が世代から世代へと受け継がれていくかを見る。最初の部屋にはドラゴン男がいた。洞窟の入り口の塵を綺麗にしており、洞窟の中では数匹のドラゴンが穴を掘り進めていた。

2番目の部屋では一匹の蝮が岩と洞窟に巻きついていた。他の者たちはこれらを金銀と貴金属で飾り立てている。

3番目の部屋では空気の元素の羽毛と翼を持つ一羽の鷹がいた。彼は洞窟の中を無限なる空間と化し、周囲には鷹人間がいて無際限の崖に宮殿を築いていた。

4番目の部屋では燃える炎の獅子が荒れ狂っており、金属類を生ける流動体へと変化せしめていた。

5番目の部屋には名付けようのない形体らがいた。名のない形体たちは金属類を広大な空間に投げ付けていた。

それらすべてが6番目の部屋に住む人々によって拝領されると、それらは書物の形となって図書館に陳列された。

プレート16〜17:古の巨人たち

かつてこの世界を感覚的存在として形造り、今や鎖に繋がれているように見える巨人たちは本当のところ、その生命の原因であり全ての活力の始原である。しかし鎖とは引っ込み思案で弱い心の奸智にすぎない。奸智は活力に抵抗する力を持つが、このことは地獄の箴言によれば「勇気における弱者は奸智における強者である」。

このようにして存在の一方は生産的であり他方は消費的になる。消費者にとって生産者は鎖に繋がれているかのように見える。しかしそうではない。彼は存在の一部分を全体であると勘違いしているだけである。何人かの人は言うかもしれない「神のみが生産的なのではないのか?」私は答える「神は人と全存在の中に有って存在し行為するのみである」と。

これら人の二つの階級は常に地球上にあったし、常に敵同士であろう。誰であれこれらを和解させようとする者は、存在そのものを破壊しようとする者である。イエス・キリストは言っている;羊と山羊の分離の喩えのごとく、平和のためではなく劔をもたらしにこの世に来たのであると。

プレート17〜20:記憶すべき寓話

ある天使が私の元に来て言った「おお憐れな愚かな若者よ!おお恐ろしい!おお身の毛もよだつ状態!汝が汝自身のために未来永劫に渡って用意している、熱く燃え盛る牢獄を思ってもみるがいい。それに向かって汝はまっしぐらに進んでいるのだぞ」

私が答える「多分あなたは私に私の永遠の運命を見せるのに吝かではないでしょう。どれ、あなたと一緒にあなたの運命と私の運命とでどっちが望ましいか、眺めてみようではありませんか」

そして天使は私を引っ張っていった;馬小屋と教会を過ぎ円天井の奥へと下がると、どん詰まりに粉挽き場があった。さらに粉挽き場を過ぎてひとつの洞窟まで来た。うねうねした洞窟を連れ立って私たちは退屈な道のりを進み、終いに天の下の空に等しい無限の虚空が私たちの足元に現出するまで歩いた。

私たち2人は生えていた木の根っこに掴まり、無限の方に向かってぶら下がった。そこで私が言った「もし良ければ2人で一緒にこの虚空に飛び込んで身を任せ、ここにおいてもまだ神の摂理があるのかどうか確かめてみませんか?あなたがお嫌なら私だけでも」

だが天使はこう答えた「粋がらないが良いよ、若者よ。でもここに私たちがいるのである限り、暗闇が立ち去る時にもうすぐ現れる汝の永遠の運命をしかと見届けるが良い」そうして私は天使とともにここに残った。私はオークの木のくねった根元に座り、彼は頭が深みの方へと傾いているキノコにしがみつき、大胆にぶら下がっていた。

深淵の幻

徐々に私たちは燃え上がる都市に昇る煙のような火に包まれた無際限の深みを見つめた。私たちの下方の途方も無い遠くに黒く輝く太陽があった。その周りを火の輪が取り巻き、その上でたくさんの蜘蛛が餌食のあとを追いながら這いずり回っている。

蜘蛛たちは無際限の深みの中で流れているというよりも泳いでいるようであり、腐敗堕落より生じる動物のうちでも最もおぞましい形態をしていた。そして空気はこれらの動物で満たされかつ、むしろそれらで構成されているように見えた。

これらこそ悪魔たちであり、空気中の諸力と呼ばれているものらである。今私は我が連れ合いに尋ねた「一体どれが私の永遠の運命なのか?」天使が答える「黒い蜘蛛と白い蜘蛛の間だ」

しかし見よ、黒い蜘蛛と白い蜘蛛の間からいま雲と火とが深みを貫いて炸裂し転がった;下方全部を黒く染めそのために深淵は海のように真っ黒になり、恐ろしい騒音と共にうねった。私たちの下方はもはや黒い嵐以外にもう何も見分けがつかなくなった。

リヴァイアサン

やがて雲と波の間の東の方角に、私たちは火と混じり合った血の瀑布を見た。そして私たちから程ない距離に、1匹の怪物の蛇の鱗の襞が浮きつ沈みつした。ついに東の方角距離およそ3ディグリーの位置に、波の上に火のような鶏冠が現れた。

ゆっくりとそれは黄金の岩の尾根のようにそそり立った;そして私たちは真紅の火のような二つの眼球を目撃した。その眼から海は煙の蒸気となって逃げ去った。私たちはその頭部がリヴァイアサンのそれであることを知った。

リヴァイアサンの額は虎の額に似ており緑と紫の縞模様で区切られていた。まもなく私たちはリヴァイアサンの口と鰓が、血の滴りとともに黒い深みを打ち鳴らす怒り狂う泡の上に持ち上がるのを見た。霊的存在の持つあらゆる憤怒とともに、リヴァイアサンは私たちに向かって進んできた。

*次の記事はこちら→【ウィリアム・ブレイク】「天国と地獄の結婚」原文解読の試み(4)

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.