ダンテ【神曲】まとめ(7)〜「地獄篇」第16歌・第17歌・第18歌

投稿日:

第16歌あたりから「地獄篇」の構成の流れにも若干の変化がある。

第16歌 ゲリュオン

血の池が瀑布となって流れ落ちる場所にダンテとウェルギリウスは差し掛かった。幾人かの男色家の責め苦を見て回りながら、滝の落ちる絶壁へと来った。

ウェルギリウスはダンテの腰帯をもらうと、束にして谷底へ放り込んだ。深みを覗き込むと見よ、怪物ゲリュオンが暗闇から浮上してきたではないか。

ギリシャ神話上はゲーリュオーンなどと呼ばれ、形態は3人の男が腰から上で合体したような出立だ。広大な海洋にあるエリュテイアの島で牛を飼っていたが、ヘラクレスによって殺される。

第17歌 絶壁を降りる

ウェルギリウスがゲリュオンと話をつけている間、ダンテは高利貸しの連中を見学する。交渉の内容とは、ゲリュオンに乗せてもらって深い谷底へ降りるというものだった。

「神曲」ではこの怪物は爬虫類のように描写されている。すなわち顔が正義ヅラした人間で、体は蛇、凶暴な爪の毛深い両脚、そして二股のサソリの尻尾をもつ。皮膚にはさらにアラベスク模様のようなド派手な装飾がされている。

さてこの怪物の肩に二人は乗った。凄まじい勢いで絶壁を下降するその様はTDSのタワー・オブ・テラーの比ではなかった。自分の位置も何もわからない。ただ亡者の嘆きや叫びがそこここから迫ってくる。暗闇から吹き上がってくる猛烈な冷気が顔面を襲った。

下降運動の右手下方から滝が落ちる大きな響きが聞こえる。下を見ると火が燃え、苦悩の叫びが轟いている。これぞウィリアム・ベックフォードや、エドガー・アラン・ポーの描いた「下降の芸術」「重力の持つ悪」と同じ性質のものである。

怪物ゲリュオンは二人を降ろすや、矢のように闇の中へ飛び去った。

第18歌 マレボルジェ(悪の濠)

両者は地獄の第8の谷へと着いた。責め苦のスケールが濃くなり、これ以降十のマレボルジェ(悪の濠)が各所描かれる。第18歌においては一つ目、二つ目のマレボルジェの罪人が出てくる。

第一の堀では女衒と女垂らしが地獄の悪鬼に鞭打たれていた。

女垂らしの中に金羊毛(ゴールデン・フリース)の神話に出てくるイアソンがいた。イアソンは50人の兵を連れてアルゴー号へ乗り込み、コルキスで金羊毛を奪ったという勇者。

また第二の濠は糞尿まみれの亡者で埋め尽くされていた。ここには悪徳坊主や高級娼婦などのおべっか使いの連中がクソまみれにされていた。ダンテはこういった二枚舌の八方美人がよほど嫌いであったと思われる。

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.