ダンテ【神曲】まとめ(33)〜「天国篇」第28歌・第29歌・第30歌

投稿日:

第28歌〜天使の階級

ダンテがいる天国界第9番目・原動天においては、宇宙を動かす愛の光を9種類の天使の群が囲んでいる。9つの回転する燃える火は各天使の階級に対応し、9つの天界つまり順番に月、水星、金星、太陽、火星、木星、土星、恒星、原動を支配している。

9つの天使の階級については6世紀頃の神学者ディオニシウスがまとめた。上位のセラフィム、ケルビム、スローンズ、中位のドミニオンズ、デュナミス、パワー、下位のプリンシパリティ、アークエンジェル、エンジェルである。

第29歌〜天使の群

この歌では天使論が展開される。ダンテが愛する導女ベアトリーチェから説明がある。すなわち聖書に記されている天上における戦いののちに、神に止まった善なる天使たちと神に反逆し地獄へ落とされた天使たちについて。この原動天を埋め尽くす数え切れない天使たちに対し、地獄へ落ちたのはそのごく一部であることなど。

呪われた天使たちつまり悪魔は地獄篇で描かれている。かつて天で最も美しく最も賢き者であったサタンは、いまその傲慢を罰せれて地獄の底に埋まっている。ベアトリーチェは続いて聖書を曲解し偽の信仰で人々を食い物にしている現世の学者らを非難する。

◯悪魔サタンがいる「地獄篇」(第34歌)はこちら→ダンテ【神曲】まとめ(12)〜「地獄篇」第31歌・第32歌・第33歌・第34歌

第30歌〜薔薇の円形劇場

ダンテのベアトリーチェの美への熱烈な賛辞とともに、『神曲』はついに至高天へと入る。「天国篇」は”光で眼が眩む→ベアトリーチェを見る→視力が戻る→天界を見る→ベアトリーチェを見る→次の天界へ移る→光で眼が眩む”という一連のパターンがよく見られる。このことが何を意味するのか察しが良い方はお分かりだろう。そう、ベアトリーチェの美を天界の光と同一視しているのだ。

彼の愛する女性をここまで高めたのだ!!何という情熱であろうか。遠いイタリアの国の見たこともない800年も前の女性のことを、子汚い一日本人である私が知っているのだ、ダンテがベアトリーチェの美しさと彼女への愛を不滅にしたのだ!ダンテの永遠の愛の証明、それが『神曲』なのだ!!

さて至高天は巨大な光の湖を中心とした薔薇の花の形をしている。薔薇は天使の群と祝福された人々の魂から成っていて、ちょうど円形劇場のようである。このように「花」は至高の真理あるいは愛のイメージなのだ。マンディアルグの『大理石』の「プラトン立体」でも真実の難解なイメージがある。

◯マンディアルグ「大理石」はこちら→【マンディアルグ】小説「大理石」に隠されたシュルレアリスティックな秘密

ベアトリーチェはダンテの手を引いて円形劇場の真ん中に値する、花の黄色い雌しべの部分へと連れて行った。

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.