ダンテ【神曲】まとめ(22)〜「煉獄篇」第28歌・第29歌・第30歌

投稿日:

第28歌〜二つの河

ダンテが煉獄の山頂上の楽園を徘徊していると、一人の美しい婦人マチルダが花を摘みつつやって来た。彼女がこの場所の地理を優しく説明してくれた。

ここには二つの河が渾々と流れている。一つはこれまでの罪を忘却させる効用を持ったレテ、もう一つは悪に代わって善を人の心に呼び起こすエウノエである。

言うまでもないがこの二つの河は罪を悔いて絶え間なく溢れ続ける涙、右目から流れる涙と左目から流れる涙である。

悔恨の涙により清められた右眼はウジャト(ホルスの眼)のように善の光を宿して輝き、左眼は悪を憎む呪いの魔視となる。

第29歌〜グリフィン

マチルダ婦人とともに歩いて行くとついに厳かな行列が現れる。すなわち7つの金の燭台が黄金の樹のように、24人の権威ある長老と一緒に続く。

その後ろより旧約のエゼキエル書にある4匹の霊獣に引かれた凱旋車がやって来る。4台の車の中に守られてさらに一台の車がグリフィンに引かれていた。そうだ、詩人ダンテの魂の女王ベアトリーチェが車の中にいるのだ。

グリフィンは各々6つの翼を持ち頭はそれぞれライオン、牛、人、鷲などであり、翼は左右3つずつで6枚で羽にはびっしりと眼が付いている。一行はダンテの前に立ち止まった。

第30歌〜再会

甘美な歌声とともに花びらがあたり一面に撒かれ、久遠の女性・ベアトリーチェが車の上に起き上がった。懐かしい若い頃の恋心が、ダンテの中に復活するのを覚える。

ダンテは思わずそのことを師匠であるヴェルギリウスへ伝えようと彼の名を呼んだ。だが呼べば常に優しく教え諭し、これまでどんな時も導いて来てくれたヴェルギリウスはいなくなっていた。

激しい悲しみがダンテを襲った。彼の両の眼球からは止めどなく涙が溢れた。さらにベアトリーチェが泣いていないで私のことをよく見なさいと命令した。

彼女は10年前に24歳で病に倒れこの世を去った。以後ダンテは自暴自棄になり小娘を追いかけたり、現世の儚い快楽にうつつを抜かすことでベアトリーチェのいない世界に耐えようとしていた。

彼女を再び見つめるとこれまで犯した罪の記憶が激しい罪悪感となり、呼吸もできず喘ぐほど嗚咽となって泣きじゃくった。

彼女はこの楽園の清い河の水を飲む前に払わなければならない、悔恨と懺悔の涙についてダンテに厳しく説明するのだった。

まとめ

次回で「神曲」まとめシリーズ「煉獄編」は終了し、ダンテはベアトリーチェに導かれて天国界へ飛び立つ。そこには地獄や煉獄の踵をはるかに脱した高い徳を備えた魂の人々が住む。

プラトンの「ティマイオス」によると人間は生まれるときに自分の星が割り当てられ、寿命が尽きると良く生きた魂はこの自分の星へと帰るのだという。

低級な愚劣な魂、崇高な正義の魂、ふたつの異なる魂の間には文字通りの深い亀裂がある。無限や深淵という言葉は、両者を隔離するために作られたのではないかと思われる程である。

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.