ダンテ【神曲】まとめ(20)〜「煉獄篇」第22歌・第23歌・第24歌

更新日:

第22歌〜皇帝ドミティアヌス

煉獄第五圏で出会った古代ローマ詩人スタティウスは魂を浄化され、ダンテとヴェルギリウスの一行に同行する。スタティウスとヴェルギリウスという二人の高尚な先達の会話を、ダンテは深い尊敬をもって聞く。

共に揃って次の煉獄圏への石段を登る時、スタティウスは浪費の罪によってここへ送られたことを告白した。さらに、ヴェルギリウスの詩を読みながら、その頃ローマに興りつつあったキリストの教えに心を傾けたことを。彼は隠れキリシタンだった、というのだ。

堂々と信仰を公然と宣言して殉教すれば天国へ入れたかもしれない。キリスト教徒はその時代ローマで迫害され殺されていた。皇帝ドミティアヌスが彼らを虐げたのだ。

道を行くと幹が上へ行くに従って太くなるため、登れない木が立っていた。木陰からは大食らいを戒める声が聞こえてくる。木には実がたくさん生っていたが、誰もそれを取って食べることはできないのだった。

第23歌〜大食

第六の環道では「大食」の罪を清めるため、骨と皮ばかりだが魂は敬虔な亡者の群が歩いてきた。その中の一人、生前親友だったフォレーゼ・ドナーティがダンテに話しかけた。

友達は現世の彼の妻が祈りによって煉獄の上の方へ上げてくれたことを告げた。このように人々がその者のために祈ると、煉獄では進みが早まるのである。

フォレーゼはまたフィレンツェの街の女たちが乳首を出して外を歩くことを非難した。当時はそのような光景が見られたのであろう。

第24歌〜法王マルティーノ4世

ここにはダンテの詩の読者ボナジュンタがおり、詩のスタイル・記述方法などについてひとしきり話を交わした。また法王マルテイーノ4世がいた。この法王は鰻が大好物で白ワインで鰻を溺れさせた後焼いて食った。あまりに好きすぎて寝室にも鰻を溺れさせる白ワインの水槽を置いていたほどだった。

亡者たちは魂を浄めるために道を急ぎ去って行ったが、ダンテの前に別の木が現れてイブの犯した過ちを語った。人々はその木に向かって両手を差し伸べ訳の分からぬことを口走っていた。

やがてついに新たな天使がやってきた。燃え盛る金属のようなその人は羽を動かして、有難いことにダンテの額の文字"P"をまたひとつ消てくれた。Pは罪を表す頭文字なのだ。

まとめ

「大食」を浄めるのは結構厳しい。筆者も酒やラーメンが大好きなもので。これも罪なのかな?

ダンテら一行は次の圏である第七の環道へと向かう。これで煉獄は一応終わりである。

種明かしをすると次の圏では「好色」が浄化されている。愛する女性に再会する前の最後の償い。そして初めてダンテは彼女に相対することができる。

クライマックスの煉獄山頂の詩はとても長く、神秘的な儀式のような場面もある。ヴェルギリウスの案内は終わり、今度はベアトリーチェと天国界へ行くのだ。どうぞお楽しみに 😉 

🌠シリーズ再開しました。次の記事はこちらです→ダンテ【神曲】まとめ(21)〜「煉獄篇」第25歌・第26歌・第27歌

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.