ダンテ【神曲】まとめ(10)〜「地獄篇」第25歌・第26歌・第27歌

投稿日:

「地獄篇」は序を含めて全部で34歌ある。各回3歌ずつまとめて行くと、あと2回で「地獄篇」レビューは終了予定。地獄の第8の谷は十の悪の濠(マレボルジェ)に分かたれている。

第25歌〜変容(transmutaton)

この歌では「地獄篇」でも最も奇妙な亡者と蛇の合体と変異が描かれる。

盗人が責め苦を受けている7番目のマレボルジェで、ダンテとヴェルギリウスは3人の亡者に出くわす。濠の底を埋め尽くす毒蛇の1匹が一人に襲い掛かり、身体にきつく巻き付いた。

二つの身体は蛇と人の見分けがつかないほどみるみる溶け合い、化け物の姿となって走り去った。

さらに小さな蛇がもう一人の臍のあたりに食らいついた。両者の吐き出す息が激しく混ざり合い、その煙が立ち上ると蛇が人に、人が蛇に変容していった。

ウィリアム・ブレイクの絵

今時の三流ホラー映画みたいな描写だが、当時はとてもショッキングで斬新だったようだ。

第26歌〜オデュッセウス

二人は第8の濠へ来た。そこでは権謀術策をこととした輩が堕とされていた。

暗い谷あいに蛍のように火が点々と浮かび上がって来た。やがてそれらは近づくにつれて大きくなり、罪人を封じ込めている炎の牢屋であることがわかった。

その中に奸知 に長けたオデュッセウスがいた。オデュッセウスはホメロス「オデュッセイア」に登場する神話の英雄だ。トロイ戦争で不落の城壁を破るため木馬を贈ったエピソードは有名である。

また「オデュッセイア」では長い冒険の旅で彼がスケリア島に身一つで流れ着き、そこの王女ナウシカアーに助けられる話もある。髭をそり身体を洗って服を着せると、彼は立派な王の風格を持っていることがわかった。王は彼にナウシカアーと結婚し島を統治してくれるよう願うが、オデュッセウスは帰らねばならない理由を告げる。ナウシカアーはどうか帰っても私のことを忘れないでいてくれと頼む。

第27歌〜ファラリスの雄牛

第8の谷の最後の濠へ行く前にさらに権謀術策の輩との対話が続けられる。

ある炎が二人に近づいた来た。シチリアの拷問用の牛に入れられた犠牲者のようなうめき声が漏れている。これはファラリスの雄牛のことだろう。シチリアの暴君ファラリスが真鍮鋳物職人のペリロスに命じて造らせた拷問道具である。

この牛の中に人を閉じ込め、牛の腹の下で火を焚いて真鍮が金色になるまで熱するのである。牛の頭部はホルンかトロンボーンのような細工で、犠牲者の叫びが本物の牛の鳴き声に聞こえたという。ファラリスはまず職人ペリロスをその中に押し込めて試した。

さてその炎にはグイド・ダ・モンテフェルトロという人物が閉じ込められていたが、特にここに特筆すべきものはない。詩によれば彼は術策によって法王ボニファチオ8世に助言を与えたので、彼が死ぬと聖フランチェスコがお迎えに来た。しかしいい加減な助言をしたという理由で代わりに悪魔が彼の魂を連れて行き、地獄の判定者ミノスへ差し出した。

まとめ

悪の堀は次回までである。あとは地獄の底を通って「神曲」の「地獄篇」が終わることであろう。

その先にあるのは「煉獄」と呼ばれる険しい山である。人々はその山を重い罪の荷物を背負いながら登るのだが、地獄の責め苦と違って彼らには喜びがある。なぜなら罪が浄められていつか天国へ入れるかもしれない、という希望があるからだ。

光へと到達するには、地獄を通らなければならないのだ。

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.