【ウィリアム・ブレイク】の詩〜人間の「感覚」・五感があらわすもの

更新日:

5つの感覚

ウィリアム・ブレイクという詩人は天国と地獄の結婚という作品ではしきりに人間の感覚について語っている。

基本的に人の感覚は5つあると言われ、皆も知っているように最も魂もしくは脳が多大な影響を受ける視覚、次が聴覚、触覚という順であろうか。

そして鼻で匂いを感知する嗅覚と舌で味を感知する味覚が続く。

視覚 聴覚 触覚

視覚は大抵人間や多くの動物は2つ眼球を持っていて、この器官が外部の景色を色や形として捉え脳に伝達する働きを指す。

聴覚は主に2つの耳という器官が空気の振動を音や言語として捉え、脳に伝達する働きを指す。

頭蓋骨に振動を直接伝えるヘッドホンなんかもあるようだが、ここではそういったテクノロジーは抜きで考える。

触覚は全身を覆う皮膚が外部の物質と接触した時に脳に伝わる感覚だけれども、皮膚や筋肉が抜き取られても神経があるから骨や内臓に直接触覚を与えることもできる。触覚というよりこの場合痛覚である。

6th Sense

以上5つの人間の感覚であるがこれらは肉体に依存し、肉体的な器官であるからもうこれ以上に感覚はない。

あとよく第6感、シックスス・センス sixth senseなどと呼ばれる感覚が噂されるが、それは今回の記事には何の関係もない。根拠がないからである。

見える世界

まず最も重要な視覚について語りたいと思う。なぜなら視覚は私たちがその中にいて動いているという3次元情報を脳内で形成するからである。座頭市みたいに触覚と聴覚で3次元空間を脳内で構築する人もいる。またブルース・リーは体の傷跡を舐めて敵との間合いを測る。

映画マトリックスのように飛躍しすぎた意見を述べるつもりはないけれども、人は視覚から得られた情報を元に世界を考えており、存在を考えている。

しかしそれはプラトンの言うような存在そのものではないのだ。それは視覚情報なのだ。

映画館

私たちが映画館で映画を観る時、横長のスクリーンに映像が映し出される。スクリーン外は上映中は真っ暗である。

人間の視覚もスクリーンである。VR360°動画なども出てきたが、眼球を納める頭部は回転可能な首の関節に乗せられているため、観る方向をくるくる回せるのだ。

それで3次元空間を捉えられるのだ。しかしいかなる方向を見ようとも、視覚というスクリーンは開いたまぶたから漏れるわずかな隙間からしか入ってこない。

その情報を捉えるのは脳だ。脳の捉えた情報を判断するのは理性、魂、精神と呼ばれるものだ。

視覚が捉えた情報をスクリーンとして判断するか、リアル存在として判断するかはその人の理性が決める。

スポンサーリンク

-

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.