日常

【ラーメンショップ】「ネギみそチャーシューメン・セット」を食べてみた

投稿日:

*はじめにこの記事はWEB上の資料・データ的価値のために掲載するものであり、いかなる風評被害を狙ったものではなく、いかなる営業妨害を目的としたものでないことを断言します。(筆者)

店に行った理由

そもそもなんでラーメンショップへ行こうと思ったか。たまたまYoutubeのおすすめで、ラーショのネギラーメンを美味そうに食っている動画を深夜に見てしまったためだ。ラーメンショップは東北の辺鄙な国道沿いなんかに偏在する古き良きラーメン店である。ネットで口コミを見ても”ラーショ”の愛称で美味い・好きだという人も多く根強いファンもいるようである。

という次第で本当はあまり自分らしくないチョイスなのだが、店までほとんど信号が無いからという理由でラーメンショップ三本木店へ訪れた。前に古川で食べた時また食いたいと思えるようなラーメンではなかったからだ。だが口コミではラーショは店によってかなり味の差が激しいということもあり、もしかして美味いかもしれないと思い初めて三本木店へ入ったのだった。

ラーメンは音楽と似ていてその時の気分で味が変わったりもする。最初あまりうまく感じなくとも、時が経つと友情が芽生えるようにその店が好きになったりする。この現象の一抹の期待を抱いて、嫌な予感のする安い風俗店へ突入するぐらいの気持ちでのれんをくぐった。

店内の雰囲気

店内は分かってはいたが子汚く荒涼としていた。だが子汚い店イコール不味い店という法則はない。ラーメン二郎本店を見よ。雰囲気は肉体労働者やヤンキーの聖域といった感じだ。昼前なのにお客が少ないな、やっぱりヤバイなと思ったが金なんかドブに捨ててもいいくらいの、単なる興味本位の来店だったので私は腹をくくった。

それでも正午になるとチャカチャカ人が入ってくる。水はサーバーがありセルフ・サービスだった。煎茶・ほうじ茶の温冷どちらも出た。セットなどに付くライスもなんとセルフサービスだった。1杯150円お代わり100円と書いてあった。ああそうか、と私は思った、ネットで茶碗にこんもりご飯を盛っている写真はこのためか。1杯、としか書いてないからいくらよそっても良いわけだ。

だが私は思った。ご飯を自分で盛るコーナーに手の消毒施設も置いてなくて、もし誰かがトイレに行ってよく手を洗ってなかったらどうなるのかと。それでなくてもラーメン屋では胡椒やニンニク、ラー油といった容器に皆んなが触れるのだ。そんな清潔さ・衛生に敏感な方は引くだろう。私は覚悟はついてたからノロになる確率なんか考えずに食ったが。

ラーメン登場

さてネットで動画を見た瞬間から私はネギみそチャーシューメン・セットを頼むことに決めていた。セットだとライスと餃子が付いて1150円(税抜き)、火曜日は中盛無料なので中盛にした。麺固めは私の掟なのだが好みを聞いてこない店でわざわざ指定はしない。

程なくラーメンが来て、私はご飯を自分で茶碗にこんもり古墳のように盛った。続いて餃子が来て全部揃った。

ネギみそチャーシューメン中盛

 

餃子・ライス

さてお味は

山岡家に置いてあるようなおろしニンニクがあったので数杯投入する。胡椒をかけ、餃子のタレを調合する。ここまではウキウキだった。何せ見た目が悪くなく、いかにも地方の古き良きラーメンといった具合だったからだ。だが食べ始めて徐々にテンションは上がるどころか下がっていくのだった。

通常ラーメンは食い終わるまで熱狂的に食欲を刺激し続ける食べ物であるはずだ。だがこのラーメンがそうだなかった理由その1は、いかにも伸びてスープを吸ったような麺が食っても食ってもなかなか減らなかったこと。そのため心なしかラーメンの命と言えるスープがあまり味わえない。

ご飯もこんもり盛ったのはいいがなかなか炭水化物マジックにかからない。あまりすすまないのだ。くるまやラーメンのねぎ味噌チャーシュー麺だとこうはならない。山岡家でだってバクバク白飯が食える。つまりライスに合うラーメンではない。かろうじて餃子とのっかているチャーシューをおかずにして食ったが、チャーシューが最後に飽きてきた。気前よく入れてもらったのに悪いが、別にチャーシューメンでなくて良かった。

餃子はもっちりしててまあ美味いような気はした。そして中盛り!だらだらにふやけた麺をすすり続けるのは若干苦行に近かった。しかし店に入ったという意地があるので、ピンサロでババアに当たっても抜くのだけは忘れないようにしっかり完食してでて来た。

感想・評価

ラーメンという食べ物は基本的に美味い。不味いラーメンを作るというのはなかなかできるものではない。インスタント・ラーメンでさえ余程でないと不味いなんてことはない。しかし筆者は2回ほどラーメン屋を出てリバースしたことがある。1回目は食いなれない横浜ラーメンをすごく身体が疲れている時に食べて。2回目はいまはもう潰れた鶴見のラーメン二郎を食って。

今回ラーメンショップのネギみそチャーシューメンを食って、私は軽く気持ち悪くなった(笑)。伸びたような大量の麺を食べたこと、食いなれない店のさして美味くもないチャーシューを多く食べたこと、濁った泥のようなスープをほぼ全部飲んだことなどがその原因かと思う。ご飯は白くて炊き加減も良く中々美味しいと思う。さすがは米どころ宮城。

この記事を読んでお怒りになるラーメンショップ・ファンの方がおられましたら、筆者の味覚が狂ってるのだと思う前に私が今までどんなラーメンを食べて来たか、そしてどんなラーメンが今好きか、これまでの記事をどうかご参考にしていただきたい。

◯ラーメン関連記事リンクはこちらです→宮城県北 ラーメンレビューまとめ

スポンサーリンク

-日常

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.