日常

KOBI【Kobayashi Takeru】小林尊〜日本人から見た真のフード・ファイター

更新日:

ここのところブログのモチベーションが下がり、やる気が低迷している。景気付けに最近YouTubeで見つけた激アツなフード・ファイター”小林尊”(Takeru Kobayashi;愛称KOBI)についてちょっと書いてみようと思う 😎 

バケモノのような食い方

小林尊さんは長野県生まれの日本人だが、大学生の時にカレーを5100グラム食べた時に大食いに目覚める。ユーチューブのホームのおすすめで初めて見たのがアメリカの何かイベントだろう、(Lサイズくらいなのかな)”2分でピザ2枚食い”だった。

緑色に染めた頭頂部だけ髪を伸ばし脇は刈り上げたヘア・スタイルで、アニメのモンスターのような食いっぷりは強烈だった。それは美味いとか味わうとかいう食ではなく、まさしく戦い(Fight)でありスポーツだった。

彼こそがファイターであり、KOBIに並べたら日本のギャル曽根や木下ゆうかはもちろん、すき家牛丼早食いさのっちでさえ全部雑魚だ。全てお遊びだ(笑)。KOBIの”食う”は”喰らう”である。活動をアメリカに移しているためもっぱらホットドッグやピザの早食いが多いが、動画を見ているとその凄まじさに驚く。

ほとんど食い物を大量の水で流し込んでいるような感じ。しかも無理やり両手で口に突っ込み、体を振って飛び跳ねて咀嚼する(笑)。その動きがパンキッシュでもあり、スラッシュメタルのヘッド・バンギングを彷彿させる。髪型、体型、ファッションともにマッチしている食いっぷりだ。

*参考動画→Takeru Kobayashi eats two pizzas in two minutes at PSU football game

ホットドッグ早食い選手権

元はアメリカ独立記念日にニューヨークで開催される”ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権”で連続優勝して有名になった。日本の大食いタレントを拘束しこき使う事務所と折り合いがつかず、アメリカに移住し活動することを決める。アメリカの色々なCMやテレビ番組に出ており、YouTubeで観ることができる。

KOBIのユニークなキャラクターが窺われる動画の中でも、本物の巨大熊とソーセージ早食い対決をしたFOXの番組は面白かった。残念ながら小林は熊に負けてしまった。無理だろって(笑)。ユーモアいっぱいの彼だが、KOBIはホットドッグその他の大食いギネス記録保持者でもある。

*参考動画→Kobayashi vs Giant Bear

ニューヨーク コスモス

アメリカのサッカーチーム”New York Cosmos"の選手がレストランで小林と知らずに早食い対決する動画は、筆者が一番好きな笑える動画である。店員に仮装した小林は最初ゆっくり唐揚げぽい料理を食っているが、次第に加速し選手らを爆笑させお祭り騒ぎと化す(笑)。

"KOBI"がいかにニューヨークで人気者かつ有名人であるかがよくわかる動画だ。 😎 

*参考動画→Kobayashi pranks the New York Cosmos

ビッグ・アップル

サッカー選手中田英寿などもそうだが、内気と言われる日本人が外国であたかも空気のように融け入る人物の例がある。そういう人々は気兼ねなく、恥ずかしがらず、人種の違いを一切気にしない。一般に周りと違った人を警戒するのは田舎の風習である。

日本は世界の田舎なので、周りと違っているととことんまで隔離される。なので皆が皆右ならえで個性がない。小林さんが選んだニューヨークという街は多種多様の人種のるつぼであり、様々な国の人々が暮らしている。大食いという武器と屈託のないキャラクターで生活する小林さんの姿を見て、かつて憧れたニューヨークへの思いが再び湧き上がってしまった。

<アマゾン販売リンク⏬>

ポークソーセージ 1kg 人気 業務用 50本 売れてます! プロ仕様の粗挽きウインナー

スポンサーリンク

-日常

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.