日常

【麺屋奏(かなで)】大崎市古川の二郎インスパイア系「豚そば」直球レビュー

更新日:

上の画像は今日の昼に食べた麺屋奏「豚そば」そのままである。この上ない満足感に浸りながらこれを書いている。消化してからにしようか迷ったが食べた後すぐ書くことにした。

*(記事初回公開日;2017年12月4日)

🍜2回目(2018年8月)はこちら→【麺屋奏(かなで)】「豚そば」を食べてきた〜二郎インスパイア店レビュー

ついに「豚そば」

前回と前々回に水曜木曜と昼間知らず来店し、「汁なしラーメン」と「つけ麺」のレビューをした。二回も豚そばにフラれて好きな女の子に撥ね付けられたように拗ねていた私だが、本日やっとタイミングよく近くを通ったので食べることができた。

◯関連記事→大崎市古川の二郎インスパイア【麺屋奏】水曜昼限定「汁なしラーメン」を食べてみた

大崎市古川の二郎インスパイア系【麺屋奏】木曜日メニュー「魚介つけ麺」を食べてみた

美味い!!!

反則的な美味さだった。元は立川で二郎を食って以来ハマり以後野猿二郎をホームとしていたが、地方に移住して二郎からは遠ざかっていた。このお店は開店まもない辺りから存在を知り豚そばはちょくちょく食べていた。今日かなり久しぶりに食して、看板メニューがけっこうレベルアップしていたように思った。

野菜の下の構造

写真はとてもシンプルでありながら、増したシャキシャキ野菜の下に期待を裏切らないチャーシューが二枚眠っている。スープの味がしっかり染み渡ったそれはホロホロ肉であり、バーナーで炙ったものとは違うがゴムなどではなくムチャクチャ美味い。野菜に卓上調味料の唐辛子やブラックペッパーをふりかける。カラメにしない代わりに野菜の上にお好みでタレをかけて私は食べるのだ。ニンニク増し増しとコールするのは恥ずかしいからしなかった。しかしニンニクの量は十分で満足できるものだった。文句なしだ。

極太麺

麺の量は通常だと最大250グラムでお願いできる。今だと極太麺も選べる。極太麺は汁なしを食した時に選んで美味かったからまたお願いした。11時開店時に入ってカウンターには私の前にたしか5名座していたが3食が1ロットなのだろうか。約12分後に私の豚そばが登場した。期待を裏切らないボリュームである。

他店との比較

二郎インスパイアのお店は宮城にもいろいろある。仙台市中心部やあまりに待ち時間が長い店は行ってないが何箇所か食べた。それらの店に期待するのははっきり言えば「二郎が食えないからそれっぽい」ラーメンを食わせてもらうことである。たしかにそれっぽい見た目、それっぽい量、それっぽい味に似せようと努力している。それらの店は往往にして満足は得られないことが多い。「それっぽい」次元を超える店としては例えば泉のヘルズキッチンやこの麺屋奏だと言って良いと思う。

ラーメンビリーは高いしそれほど美味くもないのでずっと行っていない。比べるのもアレだけれど最近は100%安パイの山岡家に行くことが多いが、山岡家とはまた違った満足が得られる。

上品な二郎

まず全て食した後一日もう何も食わなくてもいいやという、知っている人は知っているあの充実感がある。シャキシャキ野菜とコクのあるスープの奏でるハーモニー、トロっとろのチャーシューに極太麺、食べても食べても中々減らない丼の中身。それら二郎的魅力を追求しつつ他のオリジナル・メニューも編み出している。店の雰囲気は殺気立っておらず穏やかで、BGMもどちらかというと若者向けでお洒落である。二郎やラーメン好きな方ならぜひ一度来店してみてほしい。

🍜ラーメン記事まとめ→宮城県北 ラーメンレビューまとめ

スポンサーリンク

-日常

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.