日常

派遣労働について語る〜某派遣会社体験談

更新日:

サラリーマンを退職

サラリーマンをやめて社会のレールから外れたあと、何回かは再び同じレールに戻ろうとした。社会のレール、言うのは簡単だがその意味については色々な解釈があると思う。

ともかくその時の私にとって社会のレールとは、他人が起こした会社に雇用されて命じられた業務を行い、給料をもらうために週1日か2日休みをもらって通うことを指していた。つまりそういった求人を扱っている公共機関であるハロー・ワークへ何度か赴き、応募もした。

人材派遣会社との出会い

結局そのような社会のレールに戻ることはなかなか叶わず、自営業を手伝いながらも何らかの収入が必要だったものだから、私は某派遣会社のサイトに登録した。

名前は伏せておくがこの人材派遣業の会社は非常にカジュアルで登録もWEBで一発、履歴書不要、説明会に一回行けばすぐ仕事を検索し申し込み、稼働できる。電話応対スタッフも休みや夜関係なく一生懸命対応してくれるから、万が一急な用事で変更が生じてしまっても大丈夫だ。説明会といってもDVDを見るだけでシンプル極まりない。WEBサイトはスマホやPCに完全対応しており、リアルタイムで自分の求職情報や出勤情報、給与情報等を詳しく確認することができる。

様々な派遣労働

さてそこで私はレギュラー案件という定期の仕事も少しやったが、いつ身体が空くのかわからない自営業という職柄、スポット案件という日雇い派遣労働を好んでよく応募した。工場でのピッキング、仕分けなど主に物流関係の倉庫内での作業だった。長い間頭脳労働をしていたので肉体労働とはいえ筋トレ感覚でできて、アタマを何ら使わなくていいので最初楽しくて仕方なかった。しかし中年で体力がかなり低下していたこともあり、連続で出勤するとキツかった。しまいには業務のしょっぱなにギックリ腰になり早退してしまった。

他だとイベント運営補助、設営および搬入出、給仕などをやったが、定期で一回やったケータイ会社のテレホン・アポインターの仕事はなかなか楽しかった。時給が軽作業とは比べ物にならず、職場はギャルだらけでキャバクラにいるみたいだった。ずっとここにいたいなぁと思ったほどである。しかし電話応対でミスをやらかし、私はその職場に出禁になってしまった。

 広告〜工場求人サイト「工場WORKS」の紹介

最後にアルバイト、派遣、正社員どの就業形態にも対応している工場求人サイト「工場WORKS」について紹介させていただきたい。

期間は短期・長期どちらも募集しており、勤務地も全国から探せる。検品・検査・調整、梱包・仕分け・ピッキングなどから、フォークリフトやクレーン免許所持者の募集案件も多数揃えている。女性に人気の食品加工や工場事務のお仕事もあり、必見の内容となっている。寮付きの会社や特別祝い金あり、引っ越し費用補助など就業に向けたサポートも充実している。日払いや週払いなどにも応じてもらえるので非常にありがたい案件のサイトである。

 

スポンサーリンク

-日常

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.