音楽

【おすすめ洋楽】紹介〜itunesライブラリより・異ジャンル(2018年4月版)

投稿日:

"Apple Music"は元祖だけあってラインナップ、音質とも最も充実した音楽配信サービスだ。

あれ聴きたい。あれ聴こうかな。これどんな音楽?itunesライブラリに追加することですぐに自分の物になる。洋楽ジャンキーにとっては最高の相棒だ。

地方のため電車に乗ることはないので運転中bluetoothカーナビで音量を気にせず聴く。

そんな洋楽好きの筆者が"Apple Music"を遍歴して見つけた最高におすすめするアーティストをいくつか教える。

 Napalm Death(ナパーム・デス)

 

ジャンルとしてはデス・メタル、グラインド・コアなどと呼ばれる。10秒以下の爆音の曲などもあって最初笑えるが、だんだん彼らの音楽に対する真剣なこだわりが見えてくる。演奏ももちろんメチャクチャ上手い。アメリカのコメディアン、ジム・キャリーがファンであることをインタビューで語った動画もある。同じ系統としてはcannibal corpseなんかもある。

Apple Musicで聴く ▶ ナパーム・デス

Cannibal Corpse(カンニバル・コープス)

 

前述したデス・メタル系だが、ノイズ色の濃いナパーム・デスよりやや捉えどころがある。メタリカっぽいデス・メタルといった感じ。中々良い 😎

Apple Musicで聴く ▶ カンニバル・コープス

Public Image Ltd.(パブリック・イメージ・リミテッド)

セックス・ピストルズのジョニー・ロットンが本名のジョン・ライドンの名前で結成したバンド。活動は長い。パンク要素の濃いファースト・アルバム(First Issue)、セカンド・アルバムは通称Metal Boxと呼ばれたノイズの名作(Second Edition)。アフリカ呪術音楽を取り入れたサード・アルバム(Flowers of Romance)などがある。以後キャッチー路線に行くがPIL独特の持ち味は失っていない。

Apple Musicで聴く ▶ パブリック・イメージ・リミテッド

Dance Hall Crashers(ダンス・ホール・クラッシャーズ)

こちらは極上スカである。ポピュラーなノー・ダウトなんかがお好みの方もいらっしゃると思う。しかしこのバンドは女性ヴォーカルだがメロディ・ラインがどことなく辛口なので飽きることがなく聴ける。アーティスト名通りノリすぎ・踊りすぎ注意。

Apple Musicで聴く ▶ アルバム:honey I'm homely

Suburban Legends(サバーバン・レジェンズ)

これは最近のパンキッシュなスカだがとにかく楽しい。陽気でノリが良く、いつまでも聴いていられる。ヴォーカルは男性。アルバムもナイスなのがたくさん出ている。全部私はライブラリに入れた(笑)。

Apple Musicで聴く ▶ アルバム:Rump Shaker

今回はこの辺で。また良いのを見つけたら報告したい。 😉 

スポンサーリンク

-音楽

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.