映画

映画【スターウォーズ】エピソード1〜6総括まとめ

更新日:

スターウォーズ・シリーズは全9作になる

スターウォーズは壮大なストーリーとかっこいい宇宙船やライトセーバーのバトルが最高にエキサイティングな映画シリーズだ。1977年に生みの親であるジョージ・ルーカスがエピソードⅣー新たなる希望ーを世に送り出した時、この作品がこれ程までに巨大に膨れ上がるとは誰が予想しただろう。

もっともジョージ・ルーカスは昔からこのシリーズは全部で9作になり、最後の公開は数10年先だと公言していた。旧三部作エピソード4〜6は確かに古いだけあってCGはちゃっちいかもしれない。だが全シリーズを通して根底に流れるテーマ<フォース>、善のために戦う<ジェダイ>、フォースの暗黒面つまり<ダークサイド>に堕ちた悪の戦士<シス>といった魅力的な要素がいっぱい詰まった面白さに変わりはない。

ひとつだけ観るならエピソード2

1999年〜2005年第二の三部作エピソード1〜3が全てジョージ・ルーカス監督で公開された。エピソード4、5、6、1、2、3、という順番になる。ルーカスは時間に逆行するような映画の作り方が好きなようだ。STARWARS自体が「遠い昔、はるか彼方の銀河系で」という設定だし、インディ・ジョーンズ・シリーズのパート2である魔宮の伝説も、1作目のレイダースから1年前ということになっている。

スターウォーズでこの中で最高点を与えるなら、エピソード2ーアタック・オブ・ザ・クローンであろう。スターウォーズ1作目から数えて25年後に公開されたエピソード2は、まずストーリーが複雑でなぜアナキンがダース・ベイダーになるのかよくわからない不安定な立ち位置であり、パドメとの禁じられた恋や師匠に刃向かう小生意気な若造であるアナキンが観ていて楽しい。クローン製造工場に視察に行ったオビワンがジャンゴ・フェットと戦闘になる海の上のシーンも斬新である。突然ライトセーバーを振り回しだすマスターヨーダもわくわくさせる。

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

各エピソードの背景

各エピソードの背景となる時間経過については、前三部作がアナキン・スカイウォーカーが子供の時からスタートして大人になりダークサイドに堕ちるまでを描いているから、人間の寿命と同じだとしたら多く見積もっても30年といったところだろう。

それに対して旧三部作は青年時代のルーク・スカイウォーカーが一人前のジェダイになるまでであるからよくて15年ではないだろうか。このように同じ約6時間の映画の中に凝縮されている量が異なる。そしてエピソード3から4の間にはルークが赤ん坊の時から青年になるまでの15年程の空きがあり、ここにいまだスポットが当てられていない主人公たちのドラマチックな動きが眠っている。

スピンオフ映画「ローグ・ワン」

外伝扱いとしての「ローグ・ワン」はそんな隙間から生まれ、旧三部作を最高にリスペクトした作品かつ最新のCGを駆使したド迫力映画となっている。オビ・ワン・ケノービのスピンオフ映画の計画もささやかれているが、ファンにとってはワクワクさせる話ではないか。

⚫ローグ・ワン関連記事はこちら→【ローグ・ワン】DVDレンタル開始〜スターウォーズ・スピンオフ映画の持つ意味

スポンサーリンク

-映画

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.