映画

【マッドマックス2】退廃的マッド・カー・アクション映画の金字塔

更新日:

前にマッド・マックス1を小学生でリアルタイムで観たときの記事をあげた。以来マッド・マックスに取り憑かれた人生を送ってきた筆者が、これまた様々な意味で名作の「マッド・マックス2」(Mad Max2: The Road Warrior)について書く。

☠「マッド・マックス1」についてはこちら→【マッド・マックス】1作目についてややマニアックに語る

ロード・ウォリアー

筆者はこの映画を”ロード・ウォリアー”と呼ぶのは好きじゃない。この副題は映画の内容がいまいち理解できない層のために後代に付加されたものであるから。あまりにも時代の先を行っているこの映画は、観る人によっては違和感のあるストーリーだったからだ。

今でこそ核戦争後の退廃した暴力的世界が舞台の映画は多いけれども、昔は精神の柔軟さに欠け想像力の乏しい方には”何で道路を走りながら戦うの?”的な嘲りを受けたりもした。同じことはガンダムにも言える。初代ガンダムの魅力にハマり、ガンプラを一生懸命作って収集する趣味は理解できない周囲からガキのお遊びと馬鹿にされた。

独自の世界観

ゆえにこの映画は「マッド・マックス2」と呼ぶこととする。単なるカー・アクション映画の域を超えた「マッド・マックス2」の魅力がいかに突出したものかは、のちの数多くの映画がこの作品の世界を模倣していることでも明らかである。

影響を受けている(というよりも模倣している)作品として、すぐ思い浮かぶのだけでも「バイオハザード・アフターライフ」「ザ・ウォーカー」「ターミネーター4」「ウォーキング・デッド」などがある。ちょっと調べればもっともっとたくさんあるだろう。

また日本を代表する超人気漫画「北斗の拳」は1983年から少年ジャンプにて連載が始まったが、悪党やケンシロウのヴィジュアルは明らかに「マッド・マックス2」のパクリである。ジャンプの漫画家は映画からアイデアをパクるのが得意で、例えばゆでたまごの「キン肉マン」に登場する”ウォーズマン”はダース・ベイダーの真似、ラーメンマンはブルース・リーの真似という具合だ。

何が言いたいのかというと1981年公開の「マッド・マックス2」はただひとつのオリジナルであり、独自の世界を構築した点で比類がない名作なのだということ。これだけはわかってほしい。

公開当時の思い出

「マッド・マックス2」に関しては筆者は苦い思い出がある。これも「マッド・マックス1」を観た同じ田舎のグラインド・ハウスで上映されていたが、その頃筆者は斜度が10度くらいしかない初心者用ゲレンデで骨折し入院中(笑)だった。

小学校高学年にさしかかったころだろうか。この話はいずれ機会があればすることにして、ということは「マッド・マックス2」は正月の目玉映画として公開されていたのかもしれない。とはいえ田舎のグラインド・ハウスは都会での先行上映が終わり、権利が安くなってから仕入れるためか常に公開は遅れていた。

大人たち一行と病院を出て映画館に車で連れて行ってもらったが、街頭のポスターは貼りっぱなしにも関わらず上映が終わっていた。ひどくがっかりしショックを受けて帰ったのを覚えている。

ファッション

「マッド・マックス2」に登場する悪党の服装というかファッションもユニークである。1970年代パンク・カルチャーの影響がふんだんに感じられるが、モヒカンの髪型や革ジャンの鋲はむしろGBHに代表されるハードコア・パンクである。

アイスホッケーのマスクを被ったヒューマン・ガスは「13日の金曜日」のジェイソンを思わせ、のちにはスリップノットなどのバンドがこれを真似した。モヒカン頭の狂犬ウェズの二個乗りの相棒は、カルチャー・クラブやデッド・オア・アライブのような80年代ユニセックス・ファッションで色っぽい(男だけど)。

当時の一般アメリカ的美意識は、ピカピカな・小ぎれいな・リッチなものを好んだ。「マッド・マックス2」はオーストラリア映画である。髪型であれ車であれこの映画はボロボロのかっこよさ、つまり退廃的なかっこよさを体現した初めての映画である。

「マッド・マックス1」で甘ったれたカップルが乗ったインパラが暴走族に襲われ、バールや斧で滅茶苦茶に叩き潰されるシーンがあるだろう。あれは車についたほんのちょっとの傷に大騒ぎする、ブルジョア的楽観主義への反抗なのである。

錆びだらけでベコベコに凹んだインターセプター、ボサボサ頭で片足を引きずる埃だらけの革ジャンに身を包んだマックス。このかっこよさは今でこそスタンダードだが、当時は他に似たものを探しても見つけることはできなかった。

まとめ

ファッションのみならずストーリーももちろん斬新。捨て身で悪党たちと戦い最後に派手にクラッシュする大型トレーラー。ヒーローがたった一人荒野に取り残され、孤独に人々の視界から消えていき伝説となる。

愛車を破壊され重傷を負いながらなおも狂ったように暴走するマックス。彼が望むもの、彼の行き着く果てはどこなのか。極限の狂気が満足を得るほどに暴れまくった後に、破滅的な平和がようやく訪れるのであろう。

<アマゾン動画視聴サイト↓>

スポンサーリンク

-映画

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.