映画

【グレイブ・エンカウンターズ】隠れた極上のホラー映画、恐怖と笑いの共存

更新日:

映画の印象

グレイブ・エンカウンターズは「ソウ」や「キューブ」のごときソリッド・シチュエーション・スリラー映画に分類されるらしいのだが、構成上観た感じはブレア・ウィッチとRECを混ぜたような印象があった。パラノーマル・アクティビティのようにひたすらビデオカメラを回してだらだらシリーズ化されることもなく、スカッと一発カマした作品となっている。その理由はThe Vicious Brothersという名を売る気もない監督の手腕なんだと思う。いちおう2が出ているようだが監督が変わっていたので観ないようにした。

パラノーマル・アクティビティと比較

なんとも言えない構成、テレビシリーズ番組の録画として編集されたという映像は、最初はパラノーマルみたいなジワジワくるリアリティがある恐怖系だったーそのうちに随所にユーモアが散りばめられつつもゾっとする超常現象が発生していく。パラノーマルが好きな人なら恐くて画面が見れないくらいかもしれない。

意外に笑える恐怖映画

当初予測もしていなかったショッキングな出来事が何度も起きる内に、ついに物語は完全にリアリティを失くしていく。コメディのような笑いを誘いつつも撮影クルーたちを恐怖が襲う。サムライミ監督の伝説のスプラッター・ムービー「死霊のはらわた」のように、才能ある監督は恐怖に笑いを結びつける術を知っている。「グレイブ・エンカウンターズ」というタイトルの付け方にもセンスが光っている。

この作品はとても恐いとともにけっこう笑える

悪霊の親玉登場

そう暗い部屋で一人で観ながら、逃げ惑う犠牲者たちには悪いがかなり笑った。なんだろう、身体のどこかを思いっきり打つけて痛いのだけれども笑ってしまうのに似てる。次々と悪霊に襲われるクルーたちでさえ恐怖のあまり気が触れて笑っている。これぞマンディアルグの書く「狂気の勝利」であろうか。人は苦しくて苦しくて恐くて恐くて仕方ないそんな状態が長く続くと、頭がおかしくなる。廃墟の精神病院の亡霊の中でも親玉級である院長が現れた時、恐怖とユーモアは頂点に達する。過去にロボトミー手術を行っていた室の床に転がる本と響き渡る断末魔、その本の題名は

"MEDICAL TREATMENT OF MENTAL DISEASES"  「精神疾患の医学的治療」

だった。まさしくこの映画はうつ病の特効薬でもある。

総評

主人公たちがやたら悪態を吐くのも良い。The Vicious Brothers(ザ・ヴィシャス・ブラザーズ)監督は純粋にこういう作品を撮りたかったのだと思う。この映画が観客に与えられるエネルギーは、名声や興行収入で得られるものではない。🌟星5点!!

スポンサーリンク

-映画

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.