映画

【スターウォーズ】エピソード7「フォースの覚醒」〜SWシリーズ唯一の駄作

更新日:

作品概要

「フォースの覚醒」はシリーズ第7作目、2015年12月18日に全世界同時公開された。筆者は初日の第1回目上映を気合を入れて観に行った。シネコンがこんなに混んでいるのは初めて見るほどの異様な熱気、日本時間だと夜だったにも関わらず、たくさんの人がスターウォーズの新作を楽しみにしていた。

生みの親ジョージ・ルーカスの手を離れてディズニーに権利が売却された後の初めての映画ともあって、またエピソード6以降のストーリーが一切明かされていなかったので、チケットを買った観客の期待は頂点に達していた。

入場ゲートのアナウンスがあれほど興奮したのは「ブレードランナー2049」の公開初日の時くらいだろう。ぞろぞろとみんなは長い列を作って並び、シアター内に入った。ジョージ・ルーカスと映画の伝統に敬意を払い、上映前の予告編は一切なしだった。

あの良く知られたルーカス・フィルム・リミテッドのロゴに続き、「遠い昔、はるか彼方の銀河系で」の青い文字がスクリーンに映し出された。”STARWARS”のタイトルと音楽が始まったとき盛大な拍手が沸き起こり、思わず自分も手を叩いていた。

●「ブレードランナー2049」はこちら→【ブレードランナー2049】鑑賞直後レビュー・個人評価および感想

劇場公開時

エピソード3「シスの復讐」以来10年ぶりの劇場公開だったため、観客の1人だった私は夢中で画面に喰らいついていた。だがそれは「ああ懐かしいスターウォーズ!!」「俺はいまスターウォーズを観ているんだ!!」という陶酔だった。

つまり決して映画の出来が良いとかストーリーが良いとかいうものではなかった。あっという間に観終わると陶酔の余韻は続いていたし、本当に面白かったと感じた。なのになぜ後から冷静になって思い出せば思い出すほど、「フォースの覚醒」が退屈に感じるのだろうか。

アイチューンズで購入可能状態になっても買う気にならず、レンタルして見直してもやはり退屈な内容に感じた。3回目に観た時などは飽きて観るのを途中でやめた。その理由はJ・Jアイブライムス監督が、大衆受けを狙ったいかにもウォルト・ディズニー風な無難な路線にこの作品を仕上げたからだ。

そこには懐古主義と模倣しかない。ジョージ・ルーカスも後で撤回はしたがこの作品をけなしている。現在すべてのシリーズとスピンオフ映画を観、これ以外全部の作品を購入した筆者としては「フォースの覚醒」は最悪の出来と呼べる。スターウォーズの黒歴史と言っても良い。

あらすじ

ルークは銀河のどこかに身を隠して行方がわからない。帝国に代わってファースト・オーダーという意味不明の軍団がなぜか知らないが専制支配している。そこにスノークという前のシリーズでシス皇帝に当たる人物がおり、カイロ・レンというダース・ベイダーに憧れて黒マスクをかぶった悪の騎士がいる。

レイという名の女の子が惑星ジャクーでガラクタを拾い集めて生活していたが、ルークの隠れ場所の地図を託されたロボットであるBB-8が彼女の元に転がり込む。これは全くの偶然。そしてファースト・オーダーの追っ手から逃れるのに放置してあったミレニアム・ファルコンに乗り込むがこれも偶然。

そして偶然ハン・ソロがファルコンを取り戻しにやってくる。こうして改めて書いてみるとストーリーが本当に貧弱で骨格がない。やがて徐々にレイにフォースが目覚め、カイロ・レンと最後に対決するが、ろくに修行もいてないはずなのに勝ってしまう。

カイロ・レンはレイアとハンの息子でダークサイドに落ちたという設定だが、ハンは息子に殺される。驚きも何もない、予測できる展開。いままでソロ役お疲れ様である。ファルコン号はレイが受け継ぎルークのいる秘密の星の島にたどり着き、ルークと思しき老人を見つける。

まとめ総評

スノークはどこから湧いて出てきたのか。蛆虫などのある種の昆虫のように湿気から突然生じたのか。これについては製作陣すら明確に答えることができない曖昧キャラ。そしてダサいカイロ・レンの格好だけのダース・ベイダーもどき。

すべてが大衆に媚びへつらうJ・J・エイブライムス世界で埋め尽くされている、表面だけの映画である。同窓会の集まりみたいなハン・ソロとチューバッカの登場シーンなど、欠点を書いていたらキリがない。このように大いに期待を裏切る作品だが、次の「最後のジェダイ」がすべてを払拭した。

「最後のジェダイ」は「フォースの覚醒」のクソ部分を全部ぶち壊し、まったくエキサイティングな方向を与えた。ライアン・ジョンソン監督万歳である。「最後のジェダイ」がいかに面白く最高の出来かは、観ていただければわかる。

「ハン・ソロ〜スターウォーズ・ストーリー」が公開直前だが、これがもし面白ければ、「フォースの覚醒」はシリーズ中唯一の駄作となるだろう。ロン・ハワード監督は悪い映画は撮らないから期待しよう 😆 

<動画視聴サイトリンク⤵︎>

⭐その他のスターウォーズ関連記事→【スターウォーズ】全シリーズとスピンオフ作品〜紹介・感想まとめ

⭐️「ハン・ソロ」はこちら【ハン・ソロ / スターウォーズ・ストーリー】劇場公開!瞬速レビュー(閲覧注意・ネタバレあり)

スポンサーリンク

-映画

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.