映画

【スターウォーズ】エピソード4「新たなる希望」〜フォースを使え、ルーク!

投稿日:

ジョージ・ルーカスが創造したスペース・オペラ『スター・ウォーズ』映画の魅力やあらすじ・感想など各エピソード順を追って辿っていくシリーズ4回目。旧3部作と呼ばれるエピソード4、5、6は1977年より公開された。

✨エピソード1、2、3はこちら→【スターウォーズ】エピソード1「ファントム・メナス」〜オビ・ワン・ケノービが師匠の仇を討つ

【スターウォーズ】エピソード2「クローンの攻撃」〜アナキンとパドメの禁じられた恋

【スターウォーズ】エピソード3「シスの復讐」〜師オビ・ワン・ケノービの怒りと悲しみ

あらすじ

”エピソード4”なる題目が付いていながら、この作品は「スターウォーズ」の世界が初めて世の中に出現した記念すべき映画。実質上の第1作目である。あらすじは銀河帝国軍の恐怖統治に反抗する反乱軍との戦いなのだが、背景に「昔話」が仕込まれている。

「昔話」とはジェダイという種族がかつて銀河を愛と正義によって支配していたが、暗黒の力を操るシスなる反勢力種族がこれを全滅させた、というもの。「新たなる希望」はかろうじて生き残った元ジェダイ騎士”オビ・ワン・ケノービ”に反乱軍のお姫様が助けを求めるところから始まる。

隠者オビ・ワン

さらにオビ・ワン・ケノービにはシスに殺された「親友」がいて、その息子がルーク・スカイウォーカーなる若者だった。ここにジェダイの血統を引き継ぐ子孫の存在が明らかにされるが、ルークはタトゥイーンという宇宙の辺鄙なならず者惑星で農作業に縛られていた。

反乱軍のお姫様レイアはR2ーD2というロボットに帝国軍の最終兵器の設計図を隠し、オビ・ワン・ケノービに届けさせる。そして自分は捕ま理、拷問を受け味方の秘密基地の場所を履かせられそうになる。だがいっかな口を割らない姫は処刑宣告を受けた。

メッセンジャー;R2-D2

その頃タトゥイーンでオビ・ワンと一緒にR2ーD2のメッセージを受け取ったルークは、一緒に姫を助けに行くことにする。宇宙船パイロットを雇うために危ない居酒屋でハン・ソロとチューバッカを見つけた。船に乗り込み支持された座標にワープすると、そこにあったはずの惑星が粉々に破壊されていた。

さらにすぐ近くにはこの暴虐を行った最終兵器である宇宙要塞”デス・スター”が待ち構えており、要塞の牽引ビームによってハン・ソロたちの船は引っ張られていった。オビ・ワンはジェダイの能力でデス・スターの牽引ビームを切り、ルークたちは変装してレイア姫を助け出した。

レイア姫

だがオビ・ワン・ケノービのかつての弟子で裏切り者の元ジェダイ騎士”ダース・ベイダー”が待ち受ける。師弟の一騎打ちが始まるが2人とも”ライト・セーバー”という蛍光灯のような見た目の剣を使用する。隙を見てルークとレイア姫を逃し、自分は”フォース”なるジェダイの秘儀によって姿を消す。

”フォース”はジェダイの持つ超能力のようなもので、科学のテクノロジーをはるかに超えた絶大な力である。彼らは脱出しデス・スター殲滅作戦を練り戦闘機で舞い戻ってきた。最終兵器の中心部に爆弾を1発落とすだけでこの巨大要塞は爆発することがわかった。

命がけの作戦が決行され部隊が全滅する中、ルークはフォースの力で爆弾を命中させた。奇跡的に勝利しルーク、チューバッカ、ハン・ソロはレイア姫から金メダルのような賞与をもらう。みんなの勇気が讃えられてエピソード4は終わる。

まとめ

「新たなる希望」はジョージ・ルーカス監督の1作目であり一番魅力に溢れている。世界中の多くのスター・ウォーズお宅が惚れ込んでいるのもこの1作目であろう。それは最新トリロジーが旧3部作のリスペクトに終始していること、スピンオフ映画が必ずエピソード4周辺のストーリーに凝り固まることからも明らかである。

すなわち「最後のジェダイ」はあえて映像を薄暗くして70年代のSF映画の雰囲気を再現しているし、「フォースの覚醒」は旧3部作を模倣しただけの恥ずかしい位の懐古主義である。「ローグ・ワン」では絶望的状況から捨て身で最終兵器の設計図を盗み出す特攻が描かれ、ついに今週末公開予定の「ハン・ソロ」では若い頃のソロとチューバッカの出会いが背景である。

勝手な予想だが「ハン・ソロ」は絶対タトゥイーンの危ない居酒屋に行くところで終わると思う 😎 

⭐「ローグ・ワン」はこちら→【ローグ・ワン】スターウォーズ・ストーリー〜決死の部隊「ローグ・ワン」全滅!

🌟「最後のジェダイ」はこちら→スターウォーズ【最後のジェダイ】ネタバレ記事(閲覧注意)最新レビューと感想

<動画視聴サイトリンク👇>

スポンサーリンク

-映画

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.