映画

【スターウォーズ】エピソード2「クローンの攻撃」〜アナキンとパドメの禁じられた恋

更新日:

ジョージ・ルーカスが創造したスペース・オペラ『スター・ウォーズ』映画の魅力やあらすじ・感想など各エピソード順を追って辿っていくシリーズ2回目。エピソード1、2、3は新3部作で1999年より公開がスタートした。

あらすじ

ナタリー・ポートマン演じるパドメは、美しい自然の星ナブーの女王の身から議員へ転じていた。共和国の大会議で意見を述べるために首都コルサントへやってきたが、着陸と同時に船が爆破。陰謀が働いていた。影武者を立てていたためパドメは助かった。

今や最高議長となっていた支援者・パルパティーンはパドメの身を心配して二人のジェダイ警護を提案した。そう、オビ・ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーの師弟である。二人は刑事物ドラマの相棒同士みたいでFBIっぽく犯人を割り出していく。

刺客が送り込まれパドメの寝室に猛毒の虫が侵入した。アナキンらはスピーダーで犯人を追跡、激しいカーチェイスの末とあるクラブまで追い詰めた。オビワンが敵の腕を切り落とし、アナキンが首謀者を吐き出させようとすると犯人は矢を射られて死ぬ。直後上空へ飛び立って逃げていく人影が見えた。

惑星カミーノ

オビワンは食堂の怪物のおっさんと友達で彼からカミーノという星のことを聞かされる。犯人を口封じに殺した武器はその星でしか手に入らないという。だがジェダイの図書館で調べても星が見つからない。マスター・ヨーダは何者かがカミーノのデータを消したのだと断言する。

オビワンは星があるであろう位置へワープした。さてカミーノは存在していた。この星は荒れ狂う海に囲まれた嵐の気候だった。「帝国の逆襲」の雲の惑星ベスピンに空中都市があったように、ここカミーノは海の上に都市があった。

カミーノ星人からジェダイ・マスターの歓待を受けオビワンはクローン軍団の製造現場を見学させられた。それは共和国のあずかり知らぬ軍隊で、誰が何のために作っているのか全く不明だった。しかもパドメ議員暗殺首謀者のジャンゴ・フェットがオビワンの尋問を受けて息子と逃亡。海上でライトセーバーと強力なブラスター攻防はあったが、ジャンゴは宇宙船で無事逃げおおせた。しかし追跡装置はくっつけられた。

ボバ・フェット

「帝国の逆襲」「ジェダイの帰還」で登場する背中にロケットを背負った賞金稼ぎボバ・フェットはジャンゴ・フェットのクローン息子である。従ってクローン軍団は全員ジャンゴ・フェットの顔だが、ボバだけは意思と成長能力を普通に持って作らせたのだった。

ストームトルーパーと呼ばれる白い甲冑を来た軍隊は中身がクローン人間で構成されていたという設定となっている。しかしエピソード4以降は全員が別人であり個性を持っている。「フォースの覚醒」でもフィンがストームトルーパーのヘルメットを捨てて脱走したではないか。まあよい、あまり突っ込むまい(笑)。

惑星ジオノーシス

オビワンはジャンゴの宇宙船を追尾しジオノーシスなる星へ着いた。そこでドロイド軍団の工場と共和国を転覆させる秘密の会議を目撃する。マスター・ヨーダに通信を試みるが電波が届かない。仕方なしにアナキンを呼ぶがなぜか彼は故郷のタトゥイーンにいるではないか。それでも一応救援信号は送った。

アナキン

アナキン・スカイウォーカーのちにダース・ベーダーとなる男の心に最初の闇が覆いかぶさる。タトゥィーンに残して来た母親のシミが命の危険に襲われているのを感じる。パドメとは避難先の美しい星ナブーで交尾寸前まで接近したが、女の理性によって拒絶されていた。しかも母親の夢である。

たまらずアナキンはタトゥイーンへ飛ぶことを告げる。同じくシミを知るパドメも同行した。

母親の死

母親はタスケン・レイダーという砂漠でライフルをぶっ放す原住民族に捕まって拷問されていた。タスケンはエピソード4から登場するおなじみのキャラクターである。「クローンの攻撃」では残虐な種族として扱われており、もともと冗談みたいなキャラなのにユーモア性に欠ける。

旧3部作が明るく笑えるシリーズだったのに対し、全般的に新3部作はユーモアがほぼない。あってもいまいち笑えない。これはやはりアナキンのダークサイド落ちと、ジェダイの絶滅をテーマにしているからなのかもしれない。というわけでアナキンの母親は殺され、復讐の剣を振るいタスケンを皆殺しにする。

ドゥークー伯爵

死体を運んで帰って来て埋葬するとオビワンの信号が来ているではないか。すぐにジオノーシスへと向かうが、ドロイド工場で敵に捕まってしまう。オビワンはすでに捕まっていた。処刑場に連れ出されるとサミュエル・L・ジャクソン演じるマスターウィンドウらジェダイが助けに来る。

戦闘中徐々に追い詰められもはやという時、マスター・ヨーダがクローン軍団を連れて降下、戦況は一転して優勢になった。敗走する敵の中にドゥークー伯爵がいた。彼は元ジェダイだったがシスの手先になっており、ダークサイドの力でムチャクチャ強かった。

オビワン、アナキン二人掛かりで挑んでも倒された。オビワンは意識を失いアナキンは片腕を失った。最後にマスター・ヨーダが杖を着いて歩いて来た。突然、CGの力でヨーダは猿か牛若丸のように飛んだり跳ねたり、すばしこく戦い始めた(笑)。

ヨーダは優勢だったが残念ながらドゥークーに隙を見てコルサントへ逃げられてしまった。そしてついに共和国は戦争突入のカウントダウンを始めたのだった。そしてナブーではもはや何物も止めることのできない愛によて、アナキンとパドメは結ばれた。

まとめ

「アタック・オブ・ザ・クローン」の見所は多い。前述した海上都市での戦闘シーンは斬新な映像だし、アナキンとパドメの禁じられた恋では、ナタリー・ポートマンが「ファントム・メナス」や「レオン」とは違った大人の色っぽさを魅せる。

クローン軍団の共和国側の活用についてだが、よくわからないけどあるものは使っちまおう的な、なんて安易な動機だろうと思う。そして結局クローン軍団は”オーダー66”という命令がインプットされていて、エピソード3でクローン軍団に裏切られてジェダイは全滅するのである。(笑)

新3部作の特徴はストーリー展開が早すぎる点だ。このエピソード2では、1と3を無理くり繋げるために大急ぎでアナキンの恋と、オビワンへの反抗心と、母親の死と、戦争勃発と、たくさん描かなければならなかった。それだけに内容は濃いといえば濃く、変化に豊んでいるため見応えがある。オススメの1作である。<動画視聴サイトリンク🔻>

スポンサーリンク

-映画

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.