「詩」 一覧

ダンテ【神曲】まとめ(9)〜「地獄篇」第22歌・第23歌・第24歌

2018/02/07  

鬼の隊長の出発の合図はおならだった。手下の悪鬼どもはあっかんべーをしてそれに応えた。中世ヨーロッパらしいユーモアが第22歌前後で披露される。地獄巡りも佳境に入り、心なしか詩人のペンにも熱と力が感じられ ...

ダンテ【神曲】まとめ(8)〜「地獄篇」第19歌・第20歌・第21歌

2018/02/06  

地獄の第七の谷にある十の悪の濠(マレボルジェ)を旅するダンテとヴェルギリウス。二人の行く手には生前の悪行に従って、種々様々に苦しめられる亡者どもがいた。 第19歌〜魔術師シモン マレボルジェ3つ目の濠 ...

ダンテ【神曲】まとめ(7)〜「地獄篇」第16歌・第17歌・第18歌

2018/01/29  

第16歌あたりから「地獄篇」の構成の流れにも若干の変化がある。 第16歌 ゲリュオン 血の池が瀑布となって流れ落ちる場所にダンテとウェルギリウスは差し掛かった。幾人かの男色家の責め苦を見て回りながら、 ...

ダンテ【神曲】まとめ(6)〜「地獄篇」第13歌・第14歌・第15歌

2018/01/28  

ダンテの全100歌ある「神曲」を基本三歌ずつ紹介していくシリーズである。 第13歌 自殺者の森〜ハルピュイーアイ ダンテと案内人のウェルギリウスは地獄の第七の谷第2円へと入った。そこは自殺者の森と呼ば ...

ダンテ【神曲】まとめ(5)〜「地獄篇」第10歌・第11歌・第12歌

2018/01/27  

ダンテ「神曲」(Commedia)レビュー・シリーズ、5回目である。大きく三つに別れるこの大作の「地獄篇」第10歌〜第12歌について紹介。なお「神曲」は序を含めて全部で100歌ある。 「地獄篇」第10 ...

三島由紀夫【サド侯爵夫人】わかりやすく紹介・2018年最新

2018/01/21  

概要 戯曲「サド侯爵夫人」は1965年に発表された。ものの1時間で読み終えることも可能。元となったのは澁澤龍彦の「サド侯爵の生涯」である。こちらは分厚いのでたっぷり時間をかけて読まなくてはならないが。 ...

シェイクスピア【ハムレット】レビュー〜豊富な題材で描かれる若者の葛藤の心

2017/12/09  

あらすじ 時と場所は中世デンマーク。物語はしょっぱなからエキサイティングに急ピッチで展開していく。 舞台は城壁の門衛たちが亡き王の亡霊を目撃するところから始まる。あらすじとしては亡霊の言葉によって前王 ...

ボードレール【悪の華】「時計」〜怖るべき秒針の脅迫

2017/07/21  

「悪の華」作品の基本的に原文を元にしたレビュー。  時計 筆者の仕事部屋には20年近く前に町田の東急ハンズで買った時計がある。小洒落たデザインのアナログ時計。 以後色々なことがあったが、この時計は部屋 ...

ロートレアモン【マルドロールの歌】にあらすじはない

2017/07/12  

渡り鳥 「渡り鳥」の記述から始まる壮大な物語「マルドロールの歌」。冬空を飛んで行く鳥達の形造る三角形を見るたびに、この作品を私は思い出す。 ロートレアモンは少なくとも日常の見慣れた景色のひとつから、私 ...

【ウィリアム・ブレイク】の詩〜人間の「感覚」・五感があらわすもの

2017/06/27  

5つの感覚 ウィリアム・ブレイクという詩人は天国と地獄の結婚という作品ではしきりに人間の感覚について語っている。 基本的に人の感覚は5つあると言われ、皆も知っているように最も魂もしくは脳が多大な影響を ...

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.