「詩」 一覧

三島由紀夫【サド侯爵夫人】わかりやすく紹介・2018年最新

2018/01/21  

概要 戯曲「サド侯爵夫人」は1965年に発表された。ものの1時間で読み終えることも可能。元となったのは澁澤龍彦の「サド侯爵の生涯」である。こちらは分厚いのでたっぷり時間をかけて読まなくてはならないが。 ...

シェイクスピア【ハムレット】わかりやすく解説

2017/12/09  

今さらこの有名な戯曲について書くというのも古臭いかもしれない。しかし何分ブログのネタがないのと忙しくて新たに本を読む暇がないのでご容赦願いたい。というわけでこの作品についての普通だけれどもオリジナルな ...

ボードレール【悪の華】「時計」〜怖るべき秒針の脅迫

2017/07/21  

「悪の華」作品の基本的に原文を元にしたレビュー。  時計 筆者の仕事部屋には20年近く前に町田の東急ハンズで買った時計がある。小洒落たデザインのアナログ時計。 以後色々なことがあったが、この時計は部屋 ...

ロートレアモン【マルドロールの歌】にあらすじはない

2017/07/12  

渡り鳥 「渡り鳥」の記述から始まる壮大な物語「マルドロールの歌」。冬空を飛んで行く鳥達の形造る三角形を見るたびに、この作品を私は思い出す。 ロートレアモンは少なくとも日常の見慣れた景色のひとつから、私 ...

【ウィリアム・ブレイク】の詩〜人間の「感覚」・五感があらわすもの

2017/06/27  

5つの感覚 ウィリアム・ブレイクという詩人は天国と地獄の結婚という作品ではしきりに人間の感覚について語っている。 基本的に人の感覚は5つあると言われ、皆も知っているように最も魂もしくは脳が多大な影響を ...

ボードレール【悪の華】原文読〜irremediable,destruction(どうにもならないもの、破壊)

2017/06/26  

どうにもならないもの ”irremediable”は『悪の華』のspleen et idealの章の最後付近に掲載されている詩である。どうにもならないもの、と邦訳される。irremediableという ...

ダンテ【神曲】まとめ(4)〜「地獄篇」第7歌・第8歌・第9歌

2017/06/21  

さて神曲の地獄篇レビューもだんだん佳境に入ってきた。 意外と面白くなるのはこの辺りからだ。 第7歌〜4つ目の谷 第4の谷に入るとプルートンという化け物らしきキャラクターがダンテとウェルギリウスを出迎え ...

ダンテ【神曲】まとめ(3)〜「地獄篇」第4歌・第5歌・第6歌

2017/06/20  

第4歌〜リンボ 今回は34歌ある地獄篇の第4歌から6歌までレビューしよう。第4の歌では、とぐろ状の地獄の谷の第1の谷が描かれている。誠に不可解な第4歌は、プラトンやソクラテスやユークリッドなど、キリス ...

【中原中也】月夜の浜辺〜ひとり談話

2017/06/12  

若くして逝った詩人 日本文学史に輝く素朴な彗星、中原中也は1907年に現山口県湯田温泉に出生した。その後わずか30年後の昭和12年、30歳の若さで彼は夭折することになる。 夭折という言葉を覚えたのも彼 ...

ボードレール【悪の華】「1日の終わり」〜暗闇とともに訪れる官能の夜

2017/06/06  

黄昏の訪れ 「1日の終わり」は詩集『悪の華』の「死」の節にある詩。夕暮れのパリの喧騒の中、詩人がふと1日の疲れからの解放を感じ、喜びとして歌った。詩のリズムはゆっくりで、しずしずと迫り来る夜の闇の足音 ...

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.