「詩」 一覧

【ウィリアム・ブレイク】「天国と地獄の結婚」原文解読の試み(1)

2018/06/19  

イギリスを代表する詩人・画家ウィリアム・ブレイクの本は、予言の書とも呼ばれるように意味不明で難解である。しかし文章の不明瞭を鮮やかで個性的なイラストが助けている。 読者は深い意味なんか考えずに、感じる ...

シェイクスピア【マクベス】あらすじと名言集を紹介・感想など

2018/05/22  

ウィリアム・シェイクスピアは16世紀〜17世紀に活躍したイギリスの劇作家・詩人。その生涯は「マルドロールの歌」のロートレアモンのように記録が無く、作品の製作時期も不明であり謎に包まれている。 邦訳を以 ...

ダンテ【神曲】まとめ(34)〜「天国篇」第31歌・第32歌・第33歌

2018/05/12  

ダンテ『神曲』及び「天国篇」まとめの最終回。 第31歌〜薔薇の花びら 天国界10番目、最後の至高天の薔薇の円形劇場にたどり着いたダンテは、座席の部分に当たる薔薇の花びらと父なる神の間を蜂のように往復す ...

ダンテ【神曲】まとめ(33)〜「天国篇」第28歌・第29歌・第30歌

2018/05/12  

第28歌〜天使の階級 ダンテがいる天国界第9番目・原動天においては、宇宙を動かす愛の光を9種類の天使の群が囲んでいる。9つの回転する燃える火は各天使の階級に対応し、9つの天界つまり順番に月、水星、金星 ...

ダンテ【神曲】まとめ(32)〜「天国篇」第25歌・第26歌・第27歌

2018/05/12  

抽象的な内容の「天国篇」もかなり内容の濃い部分にさしかかって来ているので、注意して読んでもらいたい。 第25歌〜月桂冠 ダンテがいつか故郷フィレンツェに戻り、詩人として月桂冠を戴くのを夢見ているとヤコ ...

ダンテ【神曲】まとめ(31)〜「天国篇」第22歌・第23歌・第24歌

2018/05/11  

第22歌〜双子座 土星天の審判を待ち望むかのような魂たちの叫びを聞き、圧倒されたダンテは導女ベアトリーチェから励まされる。次いで聖ベネディクトゥスが僧院の腐敗堕落を嘆く。かれが話し終えると光の群はつむ ...

ダンテ【神曲】まとめ(30)〜「天国篇」第19歌・第20歌・第21歌

2018/05/11  

ダンテ『神曲』「天国篇」もついに半ばを過ぎた。「天国篇」の詩はこちとら宇宙という名の虚空を泳ぐかのように辛いが、頑張って付いて行こう。 第19歌〜鷲 天国界第六天の木星にダンテはいた。木星の鷲の姿に隊 ...

ダンテ【神曲】まとめ(29)〜「天国篇」第16歌・第17歌・第18歌

2018/05/09  

ダンテらがいるのは殉教者の住まう火星天。十字形の光からダンテの先祖のカッチャグイダが話しかける。 第16歌〜田舎者 カッチャグイダが引き続き火星天で演説を続ける。この歌での主な話の内容はフィレンツェが ...

ダンテ【神曲】まとめ(28)〜「天国篇」第13歌・第14歌・第15歌

2018/05/09  

第13歌〜星座 ダンテは天国界第4天である太陽の中にいた。「神学大全」の著者トマス・アクイナスの話が続く。そのうち太陽天の二つの日輪がそれぞれ夜空の星座のような動きを始める。冠のように輝いている日の輪 ...

ダンテ【神曲】まとめ(27)〜「天国篇」第10歌・第11歌・第12歌

2018/05/08  

ダンテとベアトリーチェは天国界第4の太陽天へと登る。 第10歌〜トマス・アクイナス ダンテとベアトリーチェは創世記によると造物主が天と地の時の印となるように造った、大きな光るものすなわち太陽へと着いた ...

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.