「詩」 一覧

詩作品からインスパイアされた記事

【ヨハネの黙示録】講談社学術文庫版・小河陽訳 紹介

2019/03/15  

講談社からキリスト教新約聖書の「ヨハネの黙示録」が学術書としてお手軽な文庫で出ている。この本はいわば”世界の終わり”の内容なのであるが、今回の記事の目的はこの使い古されたテーマをいかに重くならずに論じ ...

旧約聖書【出エジプト記】岩波文庫版・紹介〜作品としてのモーゼ五書

2019/03/13  

キリスト教の聖書を”文献”あるいは”作品”として捉え、そのような学術的見地から翻訳され、解説が付された岩波文庫版シリーズについてレビューしていく。今回は「出エジプト記」。 ●「創世記」はこちら→旧約聖 ...

アラトス【星辰譜】西洋古典叢書「ギリシャ教訓叙事詩集」より紹介

2019/03/11  

アラートスまたはアラトスは紀元前3世紀のマケドニアの詩人。年代的にはプラトンやアリストテレスより後期である。彼は現在採用されている48星座の原型となった44の星座を詩『現象』(ファイノメナ)で歌ったこ ...

【悪の華】ボードレールの悪魔についての論考

2019/01/20  

「読者に」「破壊」 まずはこの記事を始める前に以下の詩の引用を; Serré, fourmillant, comme un million d' helminthes,  Dans nos cerve ...

【泉鏡花】「多神教」〜恐るべき神道キャラクター総登場

2018/10/08  

昭和2年発表の比較的新しい戯曲「多神教」は、文体は明治の作品と同じく難しいが、解読すれば気違い染みた面白さの怪異な内容である。 登場人物が神社の神主や姫神や烏天狗などであるため、呪いの5寸釘の藁人形な ...

【泉鏡花】「山吹」〜人形使を鞭打つ家出不倫の若妻

2018/10/06  

大正12年6月発表の戯曲「山吹」は三島由紀夫と澁澤龍彦が対談で絶賛しているため、鏡花作品中でもその名はよく知られていると思う。この時代に書かれたとは思えないサド・マゾヒズム的テーマを扱った内容でもあり ...

【ホメロス】「オデュッセイア」紹介〜幻想・冒険譚の原型がここにあり

2018/09/19  

ホメロスは紀元前8世紀頃に存在したと伝聞される、古代ギリシャ詩人。”詩”という言葉は苺みるくキャンディーのような甘ったるい単語となってしまった現代だが、”詩”の持つ本来の魅力、原初にあったであろう意味 ...

ボードレール【悪の華】原文読〜「読者に」"au lecteur"

2018/08/28  

250年以上の時を越えて、『悪の華』の”作者”は私たち”読者”に呼びかける;師であり友であるテオフィル・ゴーチェへの献辞に続き、「読者に」から始まる『悪の華』のめくるめく妖艶な詩。 un people ...

アイスキュロス【テーバイ攻めの七将】ギリシャ悲劇〜オイディプス王の呪い

2018/08/25  

”オイディプス王”神話に基づく古代ギリシャの都市国家テーバイ攻めを扱った、アイスキュロスのギリシャ悲劇。 オイディプス王神話 はじめに戦のきっかけとなったオイディプス王の呪いついて、説明する必要がある ...

ホメロス【イリアス】あらすじ紹介〜英雄アキレウスとヘクトールの闘い

2018/08/09  

ホメロス(紀元前8世紀頃)はギリシャが生んだ超古代の詩人;「イリアス」「オデュッセイア」の作者として知られる。盲目であったとされ、長い間その物語は口伝で受け継がれていた。 「詩」というものの本来の姿、 ...

Copyright© xアタノールx , 2019 All Rights Reserved.