文明

【チチェン・イッツァー】マヤ文明と人身供儀〜太陽に捧げられる心臓

更新日:

ピラミッド

メキシコはユカタン半島東部に位置する世界遺産、チチェン・イッツァー。私の世界中の行ってみたい土地の一つに数えられるが諸事情により行けない場所の一つである。止むを得ず写真と文献データでしか知り得ないここにはマヤ文明の最高神ククルカンのピラミッドがある。メキシコ・シティ近くにあるテオティワカン文明の太陽のピラミッドとは異なる。

ククルカンのピラミッド

【ククルカンのピラミッド】

マヤ文明

マヤ文明って何?という質問に対して、ここでは簡単に「ジョジョの奇妙な冒険」のディオ編で出てくる吸血鬼仮面の下りもしくは、メル・ギブソン監督の映画「アポカリプト」を参照していただくことを勧めるに止めたい。私はその筋の学者ではないから。

メキシコにおいてはコミックや映画でも見られるように奴隷人間を神々に生贄として差し出していた。メキシコという地域は時代々々で文明や種族の呼び名が変わり私たちをいささか混乱させる。だが共通して言えることは青春の力を崇拝する背景として、生きた人間の血と心臓を神に実際に捧げていたこと及び老人の長寿を軽視していた点が挙げられる。老人は50歳になると悪魔になるという理由で殺された。介護も年金も必要ない社会である。心臓の血の儀式は真っ青な青空の下、ピラミッドの頂点で行われ公衆の面前に晒された。

黒曜石のナイフ

黒曜石は溶岩を原料としており別称オブシディアンとも呼ばれ、オンラインゲームなどの武器の原料としても知られている。メキシコではこの黒曜石のナイフを用いることにより、実際に人身供儀を行っていたという。犠牲者の生きた心臓を、ピラミッドや戦士の神殿に設えられたチャク・モール像の抱える皿の上に置いたとされる。生きたままピクピクと動く心臓は聖職者らの頭上に輝く太陽に捧げられた。他でもない私たちの上に燃え輝くのと同じ太陽にである。

チャクモール

チャクモール像

【チチェン・イッツァーのチャク・モール像】

見よ、この像を。ラモーンズの電撃バップが聴こえてくるようではないか。このように太陽という天体は古代より唯一神として崇められてきたのだ。現在となっては天気予報のオカズでしかないが。晴れのち雨、曇りのち晴れ、降水確率云々ー天空はそれだけの存在でしかなくなった。

生命、若さ、エネルギー、これらは人の一生の中でほんの一時期だけ通過する分岐点でしかない

だがメキシコの文明ーマヤ文明であれアステカであれーにおいてはこの力を崇拝し神格化していた。種族の繁栄のために必要なのは駆け引きではなく、力と勇気であると知っていたからだ。マヤ文明の聖職者たちが太陽神に捧げるべきと判断したのが生きた人間の心臓だったとは、なんという非情な信仰ではないか。血と狂気とが、老い・病い・悲しみ・死という古代人の惨めな運命に対し陽気に立ち向かっていたのである。

スポンサーリンク

-文明

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.