「 月別アーカイブ:2018年07月 」 一覧

【エアコンなし】生活・熱中症対策〜エアコン・扇風機もなしで生きる方法

2018/07/22  

ここは宮城県で東京以南ほどに暑いわけではない。だが異常気象による原因か、連日30度を超える暑さに苦しんでいるのは皆さんと変わりはない。 冬に「暖房のない部屋で生きる方法」なる記事を書いたが、今回はその ...

シェイクスピア【じゃじゃ馬ならし】”口やかましい女”をどうやって調教するか〜ロマンチック喜劇

2018/07/21  

ウィリアム・シェイクスピアの喜劇「じゃじゃ馬ならし」(邦題訳)のあらすじ・感想・簡単な解説など。 「じゃじゃ馬」の意味 そもそも今の若い人たちに「じゃじゃ馬」という死語の意味がわからないと思うので、ま ...

【シェイクスピア】作品・まとめ記事〜感想・あらすじ集

2018/07/19  

ウィリアム・シェイクスピア戯曲作品のレビュー・まとめリンク集です。 悲劇集 シェイクスピア【ハムレット】わかりやすく解説 シェイクスピア【マクベス】あらすじと名言集を紹介・感想など シェイクスピア【ロ ...

マンディアルグ【満潮】短編小説〜従姉妹の唇への激しい欲望

2018/07/19  

マンディアルグ短編集『満潮』は原題"Mascarets"であり、マスカレは海嘯(かいしょう)、潮津波などと訳される珍しい自然現象である。ところで邦題の「満潮」は短編集の最初に収められ、巻末収録最後の「 ...

シェイクスピア【十二夜】あらすじ感想〜幻想の国イリリアに木霊する笑いと恋

2018/07/19  

作品概要 夢のようにロマンチックかつ、時代・言語を超えて楽しく笑える喜劇「十二夜」。題名には”あるいはお好きなように”が添え書きされている。こちらも喜劇「お気に召すまま」とは別の作品なので注意。 その ...

シェイクスピア【リチャード3世】あらすじ感想〜殺された亡霊たちの呪い

2018/07/19  

作品概要 シェイクスピアの「リチャード3世」は悲劇というよりほぼホラー映画である。せむしの不具者だが残虐極まるグロスター公は、地獄の悪魔に取り憑かれたかのような陰謀を張り巡らし、次々に邪魔者を排除して ...

KOBI【Kobayashi Takeru】小林尊〜日本人から見た真のフード・ファイター

2018/07/18  

ここのところブログのモチベーションが下がり、やる気が低迷している。景気付けに最近YouTubeで見つけた激アツなフード・ファイター”小林尊”(Takeru Kobayashi;愛称KOBI)についてち ...

【アリストテレス】哲学:ばっさり解説〜天動説と宇宙論

2018/07/18  

アリストテレス(前4世紀)は古代ギリシャの哲人、プラトンの弟子。 ◯プラトンはこちら→哲学者【プラトン】対話編〜レビュー・解説まとめ 全集について 全集を「自然学」から順番に読んでいくと、次々に内容が ...

シェイクスピア【リア王】あらすじ・感想〜本当の愛は言葉で言い表せない

2018/07/12  

「リア王」は最も救いのない終わり方をするシェイクスピア劇で、4大悲劇のひとつ。かと言って泣けるとかそういうのではなく、とにかくストーリーが残酷、正しい者も悪い者もみんな破滅してしまうのである。 3人の ...

シェイクスピア【ヴェニスの商人】感想・あらすじ〜借金の抵当は”1ポンドの肉”

2018/07/10  

”結婚”というテーマ シェイクスピアの「ヴェニスの商人」は有名なコメディ。読者あるいは観客は悲惨な物語には悲しみ、楽しい物語には喜ぶ。ドン底に悲惨な最後の「リア王」、バタバタと人が死ぬラストの「ハムレ ...

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.