「 月別アーカイブ:2017年05月 」 一覧

【プラトン】「クリトン」行動はいかにあるべきかということについて〜レビュー

2017/05/31  

プラトンの著作「クリトン」は短い。ソクラテス最後の日々を綴るプラトン全集第1巻に収録されていて、「パイドン」で亡くなるソクラテスを仲間のクリトンたちで助けようと申し出る。言わば保釈金みたいのを看守につ ...

【イースター島】〜モアイ像が建ち並ぶ幻想の島を夢見て

2017/05/30  

島とともに沈みゆく巨人 南太平洋の海原に浮かぶ小さな三角形の島、ラパ・ヌイ。別称イースター島は私が死ぬまでに行ってみたい場所の一つだ。一般的にこのブログで取り上げるのは全部そうである。そう、モアイであ ...

【牛丼太郎】高円寺店で暴れた思い出

2017/05/29  

バブルと牛丼 筆者はバブル期の経験者である。若者はボウィのライブに出かけて帰りにエッチする。ブランド物の服が正義とされる。大学生でもクリスマス・イブに高級ホテル予約は必須。ダサい、カッコいいがフッショ ...

【ナスカの地上絵】まとめ〜古代人の大まじめな悪ふざけ

2017/05/28  

地上の巨大絵 南米はペルーの世界遺産、「ナスカの地上絵」を知る人は多いと思う。荒野のような土地の表面の赤っぽい土を削り取っただけで描かれた巨大な地上の絵。昭和のアーケードゲーム、ゼビウスに出てくる砂漠 ...

【チベットの死者の書】ちくま学芸文庫版〜詳細考察

2017/05/27  

本の全体構成 この書物「チベットの死者の書(バルドゥ・トェ・ドル)」は三巻から成る。 第一巻はチカエ・バルドゥとチョエニ・バルドゥ 第二巻はシパ・バルドゥ 第三巻は祈願の文書 である。カタカナで書いて ...

【スーサイド・スクワッド】低評価の超面白い映画!!を紹介

2017/05/26  

これはよくある一般レビューがクソだけど観たらメチャクチャ面白かったという手の映画だ。レビューは参考になるがあくまで面白いかどうか感じるのは自分てこと。 ハーレー・クイン 何より素晴らしいマーゴット・ロ ...

ジョン・ミルトン【失楽園】レビュー〜サタンの失墜と人間が楽園に戻るまで(2)

2017/05/25  

残された希望 楽園を追われた最初の男女、アダムとイヴは犯した罪によって呪われた大地へさまよい出る。そして人類が彼らから派生するのだが、以後人間は地獄から自在に登って来るルシファーの陣営に晒されながら生 ...

ジョン・ミルトン【失楽園】レビュー〜サタンの失墜と人間が楽園に戻るまで(1)

2017/05/24  

盲目の詩人 ジョン・ミルトン(イギリス、1608−1674)の叙事詩「失楽園」(Paradise Lost)は、1658年より長い年月をかけて制作された生涯の代表作である。この仕事に着手した時点ですで ...

【マッド・マックス】1作目についてややマニアックに語る

2017/05/23  

公開当時 私はおっさんである。「マッド・マックス1」をリアルタイムで映画館で観たのがたしか8歳の頃だった。それによって受けた衝撃は私の人生に大きく影響を与えた。私は総じて過激なもの、過剰なもの、大げさ ...

【プラトン】「エウテュプロンー敬虔について」読後〜感想と要約

2017/05/22  

プラトン全集第1巻に収録 岩波書店のプラトン全集の邦訳は、日本全国いたる所に設置された図書館の本棚を潤す貴重な養分である。全15巻をコンプリートするには難しく、中には絶版で希少な巻もあるので図書館では ...

Copyright© xアタノールx , 2018 All Rights Reserved.